このサイトの利用について

検索



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    hibiki.cocolog-nifty.com内検索
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「トロと流れ星」感想など | トップページ | レゴビルダーパクリ疑惑解決 »

2004.04.03

広い世界にただ1人・・・だけではないのです

 最近は芸能界に残念なニュースが続いております。昨日も風車の弥七こと中谷一郎さんの訃報(Yahoo!NEWS)が流れました。せめてうっかり八兵衛には健在でいてほしいものです。
 爆音で「ドラえもん」(Yahoo!NEWS)。大阪府警が一斉検挙した暴走族13団体の中に、エンジンの爆音で「ドラえもん」や「メリーさんの羊」を演奏しながら爆走していた輩がいたそうです。以下記事から引用。
 「この男は、アクセルとブレーキを使って巧みにエンジン音の高低を変えて演奏。捜査に当たった同課幹部は『演奏には高度な技術が必要』と驚いている。」
 暴走族の音楽と言えば「ゴッドファーザーホーン」ぐらいしか知らなかったのですが、エンジン音による演奏ってどんなものなんでしょうか。才能の使い道を間違えている、というのは置いといて(^_^;)、実際に彼に家の前を走られたら明らかに迷惑なんですが、純粋に興味がある、聴いてみたい!と思わせてしまうものがあります。さすが都会の暴走族は違いますね。ちなみにここ茨城には未だにゴッドファーザーホーンを鳴らす方が走り回っております。

 アニメ版「プラネテス」第24話放映。原作の名シーンをうまいこと活用しながら原作とは全く別物の展開になろうとしています。原作で違和感なく結ばれたあの2人を、彼らが接近するひとつのきっかけとなったある事件の現場で対峙させず、しかも片割れを心の闇から救うべきもう片方の人物が絶望のどん底に放り出されてしまったため、これからの展開が全く読めません。原作好きから見ればとんでもない展開のはずなのですが、それはそれで面白いと思わせてしまうのがこのアニメ版の不思議なところです。

« 「トロと流れ星」感想など | トップページ | レゴビルダーパクリ疑惑解決 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広い世界にただ1人・・・だけではないのです:

« 「トロと流れ星」感想など | トップページ | レゴビルダーパクリ疑惑解決 »