« レゴビルダーパクリ疑惑解決 | トップページ | メールの移行に12日間?(4月1日付記事・補足) »

2004.04.03

出版物等の貸与権について想うこと

 最近図書館ネタがほとんどありませんでした。出版物の貸与権問題など、気になることは多々あるものの、元々の頭の悪さと脳がくたびれているのとでちっとも追いついていけない状態です。貸与権については図書館関係者がどうこう言っても世間一般は作家さんや出版業界の味方になっているような印象があり、無力感満ち満ちであります。だから、直接図書館の貸与権に触れていないにせよ、
「ファイル交換とレコード業界の売上減少は無関係~米経済学者が論文」(Impress INTERNET Watch 2004年3月30日掲載記事)
というような記事を見ると胸がすっとします。(情報源:Copy & Copyright Diary) 誰か本気で図書館のベストセラー複本購入と出版業界の不況は無関係であることを実証してくれないものでしょうか。
 ちなみに筆者は、読みたい本や雑誌は図書館で借りず自分で購入する主義です。しかし一旦買った本はめったに捨てたり売り飛ばしたりができないため、家のそこかしこに書架に収まりきらない本や雑誌があふれかえっています。まさに「片づけられない人」の典型です。

|

« レゴビルダーパクリ疑惑解決 | トップページ | メールの移行に12日間?(4月1日付記事・補足) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/390868

この記事へのトラックバック一覧です: 出版物等の貸与権について想うこと:

« レゴビルダーパクリ疑惑解決 | トップページ | メールの移行に12日間?(4月1日付記事・補足) »