« 雑誌雑読 | トップページ | ヘルスサイエンス情報専門員 »

2004.06.08

予想外の波紋

 本日の出来事まとめ。
 現在、図書館の相互利用業務を今後遂行するに当たり大変重要な事柄について見直しが進められています。これに伴い先週、親法人の担当者が、元中央館で、現在は組織上別になったものの業務上きわめて密接におんぶにだっこした関わりを続けている関係他館に出向いて決定してきました。元々その事柄は、出向いた先の元中央館および当館を含めた協力館なくしては成立しなかったものであり、本来とても親法人の担当者レベルで決めて良いような事柄ではないはずなのですが、それはさておき。
 決められた内容には論理的破綻が見られ、当社としてはとても実務に適用できるものではなかったので、担当者から親法人に説明を求めました。
 これを受けた親法人で決定内容を見直すうちに、打ち合わせに出向いた担当者の上司の方が、当館も元中央館も気づき得なかった根本的な業務上の問題点に気づいてしまいました。
 どうやら、元中央館においても業務のあり方そのものをひっくり返して見直さなければならなくなってしまったようです。業務内容の変遷にあわせ、いつかはやらなければなかったことなのかもしれませんが、元中央館では、当館の親法人に振り回された感が強くなってしまっていることでしょう。だいたいこんなに重要な事柄を、短い期間に小手先で決めようとするからこんなことになるんです。しかも見直し業務の実施期限まであと20日程度しか残されていません。
 ―ということで、明日からのことを考えると面倒でハゲそうです。なのにこんなに夜更かししてしまうのはどうしてでしょう。とりあえず、眠って少しでも頭の中をデフラグしすっきりすることにしましょう。

|

« 雑誌雑読 | トップページ | ヘルスサイエンス情報専門員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/731255

この記事へのトラックバック一覧です: 予想外の波紋:

« 雑誌雑読 | トップページ | ヘルスサイエンス情報専門員 »