« ヘルスサイエンス情報専門員 | トップページ | 我らが隣人?の犯罪 »

2004.06.11

幻のライブラリ・コネクト セミナー

 朝の出勤直後から、「Windows PCでOSが起動できなくなった」との電話呼び出し。電話で聴いたエラーメッセージに該当する解決法を15分かけてネットで調べたところ、Windowsのブートファイルが破損しているのでOSのインストールCDから修復すべし、とのこと。早速ユーザさんのもとに出向き、ネットにあった手順を実施しPCを再起動したところ、BIOSの起動画面が立ち上がっては再起動、の動作をループし始め、症状悪化。どうも変だとユーザさんにエラーに至る状況を再確認したところ、「昨日、Cドライブにあったファイルの中にわけのわからないものがいくつかあったので邪魔で消した」との回答が(T◇T)。 ・・・ユーザさん、それはシステムファイルと言うのです。結局、Windowsを再インストールしました。付随してWindows Updateもウイルススキャンソフトも再インストール。さすがにユーザさん深く反省したようですが、これまで地道に続けてきた常識の啓蒙の限界を思い知る出来事でした。
 ―こんな時、自分が図書館屋であることを忘れがちになります。何とかアイデンティティを保つためにも時々いろんなセミナーに行った方が良いだろう、と思っていたところ、エルゼビア・ジャパンから「ライブラリ・コネクト セミナー」が7月7日に東京で開催されるという案内ダイレクトメールが届きました。エルゼビア社には愛憎渦巻く心境ではありますが、たまにはこういうのに顔を出して勉強するのもいいかも?とスケジューラを見返したところ、その日は二週間泊まり込みの研修の真っ最中ではないですか。泊まり込み研修は同じ東京とはいえ山奥にカンヅメなので行けるわけがありません。へっぽこがたまにやる気を出すとこうなります。くずおれる女。 8○| ̄|_

|

« ヘルスサイエンス情報専門員 | トップページ | 我らが隣人?の犯罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/748259

この記事へのトラックバック一覧です: 幻のライブラリ・コネクト セミナー:

« ヘルスサイエンス情報専門員 | トップページ | 我らが隣人?の犯罪 »