« 我らが隣人?の犯罪 | トップページ | 『ず・ぼん 9』感想 »

2004.06.13

マクドナルドでランチ

 近所のマクドナルドで新メニュー「マックグラン」が先行販売されると知ったので、本日の昼食にと出かけてきました。筆者はマックグラン、連れ合いはダブルマックグランでそれぞれバリューセットを頼みました。
 マックは1人ずつでの利用も含めて我が家で年に3~4回は利用するわけですが(安いし早いし)、その店舗に入ったのは何年かぶり(あまりに昔すぎて正確な年代を覚えていない)でした。ドナルドバスや遊具が揃っているなど、ターゲットは小さいお子様を連れたファミリーと思われます。
 店のねらい通りファミリーで混み混みなレジカウンターのそばに等身大ドナルドくん人形が座っているベンチが置いてありました。大人の目で見ると、
 「ベンチを半分占領して、ドナルド何様のつもりだ(注:マックのアイドルです)」
とか、
 「ここで記念撮影でもしろと?(マックのアイドルだし)」
とか思ってしまったわけです。ところが席についてからそのベンチを見やると、1歳と3歳ぐらいの姉妹と思われる女の子が異様にドナルドくんになついているではありませんか。抱きついたり足下にからんだりお顔に触ったり。そして横で見守るお母さん。その様子が可愛らしくてなごむのなんの。大人の目は汚れていた、と反省すると同時に、このドナルドくんがここにいるわけが大変よく理解できました。混みまくったレジで辛がるお子様たちの子守役だったのですね。ご苦労様です。店員さん、ぜひ毎朝彼をぴかぴかに磨いてあげてください。
 ―で、帰りの車中で交わされた、肝心の新商品の味の感想です。
 「やはりマックはマックだね」
 「でもマックとしてはがんばったんだろうね」
 「ハンバーガーとしてマックしか知らなければすごくおいしいんだろうね、きっと」
 ・・・“大人の余裕”“もう子どもには戻れない悲しみ”って等価です、きっと。
 そういえば、連れ合いの後輩(20代前半)はモ○バーガー(高くて遅いハンバーガーの代表格)を「貴族の食べ物」と定義したそうです。この記事は謹んで彼にささげたいと思います。

|

« 我らが隣人?の犯罪 | トップページ | 『ず・ぼん 9』感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/761671

この記事へのトラックバック一覧です: マクドナルドでランチ:

» マックグラン♪ [白兎を追いかけろ!]
昨日、近所のマクドナルドにビックマックを買いに行ったんだけど、「マックグラン」の先行販売をしてて、そのボリュームにビックリ。買ってはいないんだけど写真を見てこれ... [続きを読む]

受信: 2004.06.14 17:12

« 我らが隣人?の犯罪 | トップページ | 『ず・ぼん 9』感想 »