« L-ラーニング・オンライン模擬試験 | トップページ | 果物のある生活とWeb管理の苦悩 »

2004.12.07

図書館に置くべき?本

 朝日新聞の記事、“ハンセン病文学「後世に残して」 図書館購入も伸び悩み”について、確かにこの全集は良企画だし捨て置いてはならない種類のものなのだけど、でも何だか論調が引っかかる、けどこのもやもやをうまく言い表せないなあ、と思っていましたが、以下のBlogで論評されていました。

 愚智提衡而立治之至也
 「売れない本」の記事

 ダメな図書館員の日々
 [図書館]買うもの、買わざるもの

 これらの記事を拝読してちょっとすっきりしました。
 上記の朝日の記事で言及している「図書館」は公共図書館を指しているのだろうけど、公共図書館と一口に言っても中央館とか分館とかいろいろあって、収書方針も予算も書庫スペースも館によって異なるのだから、全ての館で買えばいいっていうものではないでしょう。買った買わないよりむしろ、より確実に読んでもらえるような形で、例えば学校の授業とか社会教育講座に貸し出すなど、いかに適切に活用してもらうかの方が大事なのではないかと思うのですが、きれいごとでしょうか?

|

« L-ラーニング・オンライン模擬試験 | トップページ | 果物のある生活とWeb管理の苦悩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/2177125

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館に置くべき?本:

» http://jurosodoh.cocolog-nifty.com/memorandum/2004/12/post_15.html [愚智提衡而立治之至也]
 先日「売れない本」の記事で取り上げた『ハンセン病文学全集』に関する朝日新聞の記 [続きを読む]

受信: 2004.12.08 21:50

» [資料紹介]『ヒイラギの檻』(加筆) [東京の図書館をもっとよくする会]
 ハンセン病について勉強中だというMayさんのブログ『Mayちゃんの学習帳』に、 [続きを読む]

受信: 2004.12.23 20:29

« L-ラーニング・オンライン模擬試験 | トップページ | 果物のある生活とWeb管理の苦悩 »