« スマトラ沖地震雑感 | トップページ | 仕事納め »

2004.12.29

スマトラ沖地震のニュース

 「東京の図書館をもっとよくする会」のエントリーでインドネシアのニュースサイト“Kompas”およびインドネシア語←→英語の翻訳サイト“Kataku”の存在を知りました。筆者の場合これらへさらに@niftyの翻訳サービスによる英語→日本語への翻訳が加わるわけですが(^_^;)、日本のニュースサイトを見るだけでは得られない情報をこの方法で手軽に入手できることがわかりました。ありがとうございます>「よくする会」の方

 実のところKompasをチェックするまで、もしかしてインドネシア政府ってろくに機能してないんじゃないか、等かなり失礼なことを考えていました。しかしとりあえずヘッドラインのみであるものの記事を見ると、決してそうではなく、それぞれの担当大臣や対策本部が懸命に被害状況を把握し国際的な援助を働きかけていることが報じられています。

 仮にも情報でごはんを食べている以上、手近にない情報はやっぱり自力で探しに行くのが基本なのに、それを怠っていたようです。精進します。

 Kompasをチェックして一つわかったこと。「津波」は英語でもインドネシア語でも“Tsunami”なのですね。日本における外来語と同様、日本語が外国語として定着するケースもたくさんあるとは聞いていましたが、何だか妙な感じであります。

|

« スマトラ沖地震雑感 | トップページ | 仕事納め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/2403231

この記事へのトラックバック一覧です: スマトラ沖地震のニュース:

» 図書館と災害…図書館における災害対策関係資料(稿) [東京の図書館をもっとよくする会]
 地球のあちこちが災害に見舞われ続けている。図書館の関係者も、新潟で、あるいは海外で災害からの復旧に追われている。ブログの世界でも、大勢の方が取り上げているのは... [続きを読む]

受信: 2005.02.06 10:40

« スマトラ沖地震雑感 | トップページ | 仕事納め »