« 雪の日の有明 | トップページ | あまりにも年末年始 »

2005.01.04

謹賀新年

 皆様、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。
 新年についてあまり多大な期待はしていませんが、昨年が世界的には戦争や災害が多く、個人的には人間関係で心労がたまりそして仕事もためまくる1年だったので、少しでもそういった苦しみの少ない年であってほしいと願っています。

 このお正月は概ね穏やかに過ごすことができました。ただ1日、大みそかを除いては。(^_^;)
 大みそか、東京の婚家に帰省するのにそんなに早い時間から出かける必要はないだろうとのんびりしていたのが間違いのもと。まず、東京に雪が積もり始めていると聞いて自家用車で出かけるのを諦め、重たい荷物を背負って高速バスに乗ることに決めました。14時過ぎに土砂降りの雨の中、つくばを出発したのもつかの間、通常10分程度の距離しかない2つ先のICまで30分以上かかった揚げ句、積雪のため常磐道が閉鎖されてしまいました。バスはそこから渋滞の下道を50分程度走って水海道駅に横付けし、16時前のディーゼル車に乗り込み、25分程度乗車→常磐線乗り換え→日暮里から山手線・・・というルートをたどり、高速バスなら17時には到着していた筈の婚家には18時半にようやく到着と相成ったのでした。
 結局高速道路は軒並み一時閉鎖になってしまい、元旦までそれは続きました。
 せっかく帰省に備えてETCを自家用車に取り付けたのに車で動くことのできなかったわが家のような家はおそらく他にもあることでしょう。首都東京の雪への弱さを改めて実感しました。

 大みそかの災難に比べてお正月にはこまごまと楽しいことがたくさんあったのですが、それを全部書いていると朝になってしまいそうです。また明日以降書くことにします。

|

« 雪の日の有明 | トップページ | あまりにも年末年始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/2463076

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年:

« 雪の日の有明 | トップページ | あまりにも年末年始 »