« 米国サリナス市公共図書館の閉鎖について | トップページ | プレゼンテーションGoGo »

2005.01.19

ネットや読書が逃避であってはいけないと思いつつ・・・

 今日は割と利用者とのやりとりの多い日でした。と言っても1件は研究室にアドバイスを仰ぐことで解決、他も全て自館・他館の所蔵検索で解決したので、特に言うほどのことも無し。後は図書館の所内向けWebのスタイルシートを使った改造に燃えておりました。

 さて突然ですが筆者は洗髪が大嫌いです。もちろん洗髪しないと不潔なのはわかっているのですが、洗髪という作業自体がおっくうなのと、一旦洗髪したが最後ドライヤーの風を浴びせてもなかなか髪が乾かずうっとうしいのがその理由。こうして入浴をおっくうがっている間に湯舟の湯は次第に冷めていきます・・・。書いてみてわかりましたが、自分の発言は一応まだ人生折り返し地点前にある人間の言い草とは思えないものぐさぶりです。すっかり反省しております。

 ところで本日bk1に注文した本一式が届きました。読んだ感想は後日書くとして、購入タイトルについて一言のみ記しておきます。
 『迷宮書架』(ひらのあゆ著, 雑草社, 2003.3)
 この方の本は作者買いしている割になぜかこれは持っていませんでした。bk1で届いた本を開いたところ、何とサイン本!よくぞ残っていてくれました・・・。
 『マイペースゆず☆らん 5』(小池田マヤ著, 双葉社, 2004.12)
 シリーズ最終巻。この方は「ストーリー4コマ」の旗手と言われている方なのですが、ストーリー物はテーマが重すぎるので、読む前に心身ともに健康な状態にセットしておく必要があります。今回買った『ゆず☆らん』は普通の4コマなので気軽に読める内容です。
 『百年の誤読』(岡野宏文, 豊崎由美著, ぴあ, 2004.11)
 書評などを見る限りうんちくとユーモアがてんこ盛りで面白そうに見えたので購入。ゆっくり読みたいと思います。

 何だか今日の記事は生活からの逃避の香りが漂ってきそうです。筆者的には非常にまずい状況です。いい加減洗髪して寝ることにしましょう。

|

« 米国サリナス市公共図書館の閉鎖について | トップページ | プレゼンテーションGoGo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/2621473

この記事へのトラックバック一覧です: ネットや読書が逃避であってはいけないと思いつつ・・・:

« 米国サリナス市公共図書館の閉鎖について | トップページ | プレゼンテーションGoGo »