« JR福知山線脱線事故(その2) | トップページ | ミッフィー展 »

2005.05.07

信越旅行(2005.5.5―5.6)

 1泊2日の信越旅行に行ってきました。
 妙高高原他に出かけたのですが、出発の前の日まで妙高高原が新潟県であることを知らなかった筆者(^_^;)。てっきり長野県にあるものと勘違いしていました。県境だったのですね。(筆者の日本地理の知識は中学レベルに止まっています)
 住まいから4時間強かけて上信越道豊田飯山ICまでたどりつき、山菜の天ぷら付きで信州そばをいただいた後新潟入り。赤倉温泉の足湯公園で足の疲れを癒した後、妙高高原のゴンドラロープウェーに乗車しました。いやあ、まだ山肌に残雪がちらほらしてるねえ、と呑気に連れ合いと語り合っていたところ、11分の乗車中に徐々に雪の割合が増えて行き、とうとう雪が山肌を埋め尽くしてしまいました。

DSCF0558  終点に降り立った我々が目にしたのは、ゲレンデにシュプールを描く人々でした。そしてゲレンデの手前で所在なげにしている年配者のグループ。ちなみにそのときの我々の服装は、連れ合いは綿の長袖シャツ1枚、筆者はタンクトップに襟元の大きく開いたUネックの7分袖カットソー。足下は普通のトレッキングシューズ。それはそれは雪山を甘く見て呆然と立ち尽くす愚かなカップル、といった風情が濃厚に漂っておりました。足下が革靴やミュールでなかっただけましではありましたが、だからと言って雪の中長距離を歩くこともできず、数枚の写真を撮っただけで退散したのは言うまでもありません。
 その後すぐ投宿し、温泉と日本酒とたらい盛りのお刺身を楽しんだ後は早めに就寝。その代わり夜中は目が覚めてなかなか寝付けず、積読本を1冊も持参しなかったことを激しく後悔しました。

DSCF0568  2日目はのんびりと朝8時から食事、9時20分過ぎにチェックアウトした後向かったのは、いもり池のみずばしょう祭。 祭りの名に違わず、水芭蕉が湿原一帯に群落を作っていました。
 その後は野尻湖ナウマンゾウ博物館へ。ナウマンゾウの臼歯の化石(湯たんぽ化石)などをじっくりと見学しました。子どもの頃教科書や児童向けの考古学の本を読んで憧れた野尻湖の発掘が現在もなお続行中であることを知り驚くばかり。この発掘事業によって、地域だけでなく全国的にも交流が保ち続けられているのは素敵なことだと思います。

 野尻湖を後にし、上信越道に乗り一路長野市へ向かいました。子どもの頃訪れ鳩の群れに襲われて恐怖を覚えた善光寺には、今もまるまると太った鳩たちが元気に暮らしていました。流石に襲われはしませんでしたが。藤木庵で「ごくらくそば」を美味しくいただいてから、門前の書店にふらりと立ち寄りました。この書店、政府刊行物センターになっているとのことでしたが、なぜこのような門前町にいきなりそのような指定書店があるかは謎です。それにしても、中に積まれた統計書や政府広報誌など、数々の刊行物を目にしながら、「これはうちの館に寄贈で届いている」とか「先日この雑誌のNA○S○Sの書誌に誤りがあって、しかもそれが原因で図書館システムにエラーが起きたから、担当者から申し入れしてもらった」等々の会話をしてしまう我が家って一体・・・。

 善光寺を出発、途中でおやきも購入し、川中島古戦場を横目に見ながら長野ICから上信越道に乗り、帰路につきました。途中でずっと運転をつとめた連れ合いが力尽きかけるというハプニングもありましたが、何とか復活、19時半頃無事地元に到着することができました。長距離移動でそれなりには疲れましたが、食事も充実し(全くハズレがなかった!)、良い旅だったと思います。

 そして、これを書いている今日(7日)はひたすらだらだら。これから、善光寺で入手してきたわさびの花で仕込んだ浅漬けを夕食にいただくことにします。明日は上京予定。そして明後日は出勤(涙)。また粛々とがんばることにしましょう。

|

« JR福知山線脱線事故(その2) | トップページ | ミッフィー展 »

コメント

レゴでググッてこのブログにたどり着きました。レゴジャパンが撤退気味なのでしょうか?RISは今後日本でも買い続けられるのでしょうか?引越しを機会に久しぶりにマインドストームに触ったら昔の記憶がよみがえって・・・
ここにコメントするのはルール違反かもしれませんが、よろしければ教えてください。

投稿: yokohamas | 2005.05.08 00:52

>yokohamas様
初めまして。MindStormsの動向には全く詳しくないのであまりご期待に沿えるような回答はできないのですが・・・。
ブログ“凸『それでもレゴが好き(仮)』”の記事によれば、とりあえず今年のレゴジャパンのカタログ(おもちゃ屋さんで入手できるごく普通のカタログ)ではRIS(#3804)は生き残っている模様です。ただ、まだ自身では今年のカタログを入手できていないので直接の確認はできていません。よろしければお近くのおもちゃ屋さんなどでお確かめください。

投稿: MIZUKI | 2005.05.08 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/4017862

この記事へのトラックバック一覧です: 信越旅行(2005.5.5―5.6):

» 温泉 []
温泉草津温泉の間欠泉温泉(おんせん)とは、普通の水とは異なる天然の特殊な水が地中から湧き出す場所や現象のことを指す。日本では、昭和23年(1948年)7月に温泉法が制定された。この温泉法第2条(定義)によると、温泉とは「地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気... [続きを読む]

受信: 2005.05.08 05:55

» 「カットソー」でブログ検索してみました。 [日刊カタログ]
「 カットソー 」の検索結果で、「日々記-へっぽこライブラリアンの日常- .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。 [続きを読む]

受信: 2005.05.08 08:30

« JR福知山線脱線事故(その2) | トップページ | ミッフィー展 »