« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005.12.31

師じゃなくても走る年末。さようなら2005年。

 大みそかのこの時刻まで、窓ふきやら年賀状作成やら帰省の支度やらで落ち着かない時を過ごしておりました。年末に来て連れ合いが体調を崩して寝込んでしまったというのもありますが、何よりも最大の原因は筆者が蟹だお祭りだとキリギリスのように遊びほうけていたことではないかと思われます(^_^;)。プリンタがハガキ印刷を行った時だけ絶不調になるのはきっとこの季節のお約束なのでしょう。左記のプリンタ不調のため、昨夜は年賀状書きで徹夜しました。しくしく。

 また、年末と言えばおせち料理ですが、いつも帰省しているのでおせちは単独で作ったことがありません。毎年大みそかは少し早めの時刻に帰省して、義母姉のおせち造りの手伝いをするのが慣例になっていましたが、今年は諸般の事情あってまだ自宅にいます。恐らくこれから車で帰ることになると思います。本当に帰れるのかかなり不安ではありますが。お義母さん、お義姉さん、本当にごめんなさい。
 ということで、この記事が2005年最後の更新となります。本日~正月3日まで連れ合いと自分の実家にハシゴ帰省の予定です。宿題を抱えたまま年を越すことになってしまいますが、皆様来年もまたよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.29

初めての上海蟹

 ここ数日細々とした仕事に追われていましたが、本日ようやく仕事納めを迎えることができました。午後はお休みをいただきまして、夕方から神保町に繰り出し、友人たちと上海蟹をメインにしたディナーを堪能してきました。上海蟹は生まれて初めて口にしましたが、ウニとゆで卵の黄身を混ぜてもっと香り高くしたような美味な味噌にやられました。ゆで蟹の他、あんかけ、フカヒレ入りスープ、チャーハンと、蟹を素材にした様々な料理をいただきましたが、やはりシンプルなゆで蟹が私的にはベストでした。その次がスープでしょうか。
 なお、一連の蟹料理は、一人で注文するにはかなり勇気の要るお値段でした。こういうものはやはり友人や家族とわいわい言いながらいただくに限ります。

 友人たちと別れ、22:40頃遅い帰宅。そして明日は(もう今日ですが)また冬のお祭りに出かける予定です。鼻ずるずる、喉ひりひりと思い切り風邪を引いてしまっていますが、がんばって出かけてきます。年賀状?大掃除?なんですかそれ(リラックマ風に)・・・と言ってみたいものですが、そのあたりは30日にがんばる予定です。

 実は以前に取り上げた大阪市立図書館の24枚のカードの問題について、これまでの数々の疑問を全て払拭してくれるメールをとある方からいただいておりまして、後はそれを自分の文章に消化し直して公開するだけなのですが、せっかく提供いただいた題材に真摯に向き合おうとすればするほど脳がカチカチの仕事モードになってしまい、なかなかうまい文章にまとめられずにいます。申し訳ありませんが今少しお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.23

図書館に静脈認証システムが

 既にあちこちの図書館系ブログで取り上げられている
 茨城県那珂市様の市立図書館システム構築を受注(富士通 12月22日付けプレスリリース)
 本の貸し出しカード不要、初の静脈認証で…茨城・那珂(YOMIURI ONLINE)
の件について。

 現在建設中(2006年10月開館予定)の那珂市立図書館では、非接触型手のひら静脈認証技術により、貸出などの図書館サービスを受ける際に図書館カードがいらなくなり、ただ手のひらをかざせば良くなるようなシステムを構築するそうです。本日の朝日新聞朝刊15面の記事(12/23 17:00現在アサヒコム未掲載)や上の読売新聞の記事で日図協もコメントしているように、確かに少なくとも国内の図書館では使われていなかった技術だと思います。
 個人的には、銀行などで財産を保護するためならともかく、図書館の利用の利便化と引き替えに、自分の静脈の情報という結構重要な生体機密データを提供しなければならないというのには、やや抵抗感を覚えます。例えばデータが厳重に管理されるとしてもです。
 恐らくそういう抵抗のある人向けに「開館当初は、ICカードとの選択制」(読売記事から)という運用方法を用意しているのだと思いますが、運用が二通りあるというのは現場的には混乱するのではないでしょうか。特に図書館側としては。

 あと、自宅でこの話題を話していて連れ合いともども気になったのは、今回のシステムのような認証方式を採用するというのは市側(図書館側)であらかじめ仕様書に盛り込んでいたことなのか、それともメーカ側から入札前ヒアリングの段階で提案されたことなのかということです。後者であるとしても、市側が「個人情報の厳重保護」と「利用者の利便化」を両立させる明確なポリシーを持った上で、メーカに入札資格を認めたのであれば良いと思います。
 しかし、Copy & Copyright Diary記事でも取り上げられていましたが、あまり使いやすいとは言えない那珂市のウェブサイトを見るとちょっと引っかかってしまいます。表示文字サイズを調整できるなど、一見ユーザビリティに配慮しているように見えますが、右クリックを許可していなかったり、JavaScriptを使いまくったりと、何かを過剰に意識しすぎて、「ご提案」に流されて空回りしているような気がしないでもありません。市のウェブと図書館システムを扱う部署は別だとしても、ちょっと心配です。杞憂だと良いのですけれども。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.21

北の国、さまざまな人生

 つい先日、北の国で遺族の願いもむなしく時効を迎えた殺人事件がありました。記憶からはすっかり飛んでいたのですが、実兄からのメールで思い出しました。被害者の女性が実兄のかつての同級生であり、つまり自分の在学していたN中学校の先輩でもあったことを。
 平凡かも知れないけれど着実に人生を歩んでいた女性の命はある夜突然奪われ、しかも手を下した人物は今もどこかに逃げのびているわけです。わずか1、2年席を並べただけの人間にすら未だ覚めやらぬ衝撃を遺した事件。せめて犯人には例え見知らぬ土地で全くの別人として暮らしているにせよ、自分の罪を1日たりとも忘れず、悔い続けていて欲しいです。でも、できることなら刑法の下で裁きを受けてもらいたかった。遺族のためにもそう思います。

 そんなことを考えていたところへ、かつて働いていた北の国の職場で所属課は異なっていたものの同僚だった女性が、今年いっぱいで退職されるとの情報が入りました。彼女とはその職場で一緒になるまで面識はなかったものの、1年間だけN中で同級生だったという縁があります。
 何故この時期に辞められるのか?まさか何か不本意な出来事が起きたのか?などと疑問に思い、人づてに事情を尋ねたところ、そうではないことが判明しました。

 彼女は現在の所属先で知り合った若手研究員の方と婚約していたのですが、結婚の直前に彼の海外行きが決定。迷いはしましたが、結局今の仕事を辞めて海を渡る決意をされたのだそうです。
 事情を教えて下さった方からは「彼女は幸せそうでした」との一言。また、彼女に送ったお祝いメールの返事からも、これからの新たな道の先を真っ直ぐ見つめている幸せのオーラが漂っています。加えて、ご主人にも面識がありますが、人柄も良く申し分のない方。これは外野がどうこう言うまでもないでしょう(^_^)。
 お二人で、自分たちの選びとった最高の人生を歩み、家族の幸せな歴史を築き上げてほしい。そう願ってやみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.16

図書館を使おう(ベタ?)

 下の記事を読んでからずっと書こうと思っていて、でもあまりに内容がベタなのでためらっていましたが、やっぱり書いてしまいます。

[きょうの薬図]当館の資料、発送します東大薬学図書館にっき

 資料の貸出や複写、あるいは参考調査に当たって、ご自身の通学・通勤先の図書館を経由せず直に問い合わせをかけてこられる方というのは、うちの館でも案外多いです。「図書館間協力」という制度も知られていないのでしょうし、また、図書館がそのような場であるという事自体が理解されていないのでしょう、恐らく。

 利用者に対してそうした案内誘導を適切に行うことのできない図書館に偶々行き当たってしまう場合もありますし、簡単な調べ物だったらGoogleで間に合ってしまうことだってあるでしょう。それに、専門的な事柄に関する質問であれば、専門家に直接電話するという選択肢もあります。
 でも、ちょっと立ち止まって考えて欲しいのです。今入力したGoogleのキーワードであなたの欲しい情報の全てをかき集められているのか?また、専門家の言葉だけであなたの求めを全て満たすことはできているのか?と。
 情報を集める手段には多様な選択肢があって良いと考えます。調べ物をする方は、ぜひ手駒の一つとして、最寄りの図書館をキープしておいてほしいのです。調べるテーマによって使わないことがあっても全く構わないので、とにかく手駒として持っておくことが大事。手駒まで行かなくても、せめて頭の片隅に置いといてもらうだけでだいぶ違うと思います。
 ついでに手駒の使い方=最寄りの図書館で提供されているサービスについてもチェックしておくと幸せになれるかもしれません。そうしたサービスに関する情報提供が十分かそうでないかによってもある程度その館の質が判断できますし。

 ・・・と、ひねりも何もないベタな訴えをしてしまいました。どうかたまにはお許し下さい。

 昨日偶然に入門Ajaxが初心者にオススメできない理由最速インターフェース研究会)の記事を見て、「図書館が便利」とあまりにも声高に主張しすぎることは、利用者の「こういう反応」に結びつきかねない、と漠然と考えましたが、あまりにも漠然としすぎた考えなので、とりあえずここでは保留にしておきます。考えがまとまったらまた書かせていただくかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.11

「コミティア」の商標登録

 今CNET Japanの記事を読んでいて気づいてすぐに書いているので、間違いがあったら指摘いただきたいのですが・・・。
 ブログパーツサービス「comitia」(コミティア)というサイトが存在するようです。
 なるほど、アクセスカウンタやアクセスログなど、こういうところのを使うという手もあるのか、と感心。しかし今回取り上げたいのはその点ではありません。

 「コミティア」という名称でまず連想するのは、自主制作漫画誌展示即売会の「COMITIA」の方だったりするわけです。
 念のため「特許電子図書館」の「商標出願・登録情報検索」で調べたところ、「comitia」さんの方が平成17年4月8日付けで商標登録されていました。(第4853986号)

 実は即売会のコミティアには一度も参加したことがありませんが、同人誌等の即売会としてそれなりに長い歴史があるということぐらいは存じております。それだけに、どうして即売会の名称を商標登録しておかなかったのかと、残念に思います。
 パーツサービスのcomitiaさんが行ったことはビジネスの手段として当然のことと思うので、深く追及する気はありません。会社名の「ガイックス」を見て、少しドッキリはしましたが。:-)
 ちなみに「コミケット」はそのシンボルマークも含めてしっかり商標登録されています。興味のある方は商標出願・登録情報検索をどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.09

登録は忘れずに

 本日うろたえた出来事。

 筆者は極まった不精者でして、試験勉強などはどちらかと言えば文句をぶーたれながらやるタイプなのですが、それでも 10年ほど前に旧・データベース検索技術者2級(サーチャー2級)を、3年ほど前に初級シスアドを取得しました。これらは数少ない取得資格なので、しっかり職場の人事記録簿に載せてもらった上、後生大事にしてきた、筈でした。
 ところが最近になり、人事記録簿に何とこれらの資格の取得記録が記載されていないことが判明。あのー、初級シスアドの方は業務命令で合同受験して、合格時にもしっかり報告したんですけど。記録搭載を人任せにしてきた私も悪いと言えば悪いのですが。

 そして本日うれしかった出来事。

 上記のような理由で、人事記録簿に追記してもらうのに改めて合格証もしくは資格証明書が必要になったわけです。

 初級シスアドの合格証本体は家のどこかにしまわれているものの、手元にコピーを残してあるのでこれを提出すればたぶんOK。

 問題はサーチャー2級。
 合格証は所在不明。果たして自宅にあるのか実家にあるのかも判然としておりません。仕方なく今日の午後試験の主催者にメールで合格証明書を発行してもらえないかとコンタクトを取りました。一応、合格年度なども添えて。

 ・・・何と最初のメールから20分弱で先方から返事が。
「生年月日と当時の住所をお知らせ下さい」
とのことだったので、早速回答したところ、更に20分後、明日郵送する旨の連絡をいただくことができました。

 ここまでで40分。このような迅速な対応を取っていただけたのはありがたいことです。
 問題は来週頭にちゃんと証明書が届くかということですが。きっと大丈夫と信じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.07

紙欲番長まかり通る

 所属している組織の中身がすごく変わるらしいです。上の方たちが一所懸命考えて決めたことなのだとわかってはいるのですが、どうも他の組織をお手本にして小手先でいじっただけのような気がして仕方ありません。そしてそのままいじり壊されて、下々に瓦礫が降りかかってくるのではないかと恐れおののいています。
 それでも組織が変わることでやらなければならない仕事はたくさんあります。広報用のパンフレットとか、ウェブサイトを作り替えるのもうちの部署の仕事です。が、まだまだ決まっていないことが多すぎて、今の時点で手を付けられることは少なかったり。

 また、現在進行形で進めていくべき仕事というのも当然存在するわけです。今日はグループウェアの組織内用FAQを書き換えていました。FAQなしでも何とか操作できないことはありませんが、予め用意された案内文や数多いマニュアルを交通整理するためには、別途独自のFAQが必須だと判断したので、上司の了承を得た上で作成し、状況の変化に応じて逐一書き換えております。でも、いくらがんばってもログインしない人は全くしないんですよね・・・。

 ・・・と、元気がなくなりそうになる度に、とにかくここで閉塞感に陥ったらおしまいだ!と思っているので、いかに適切に現実逃避して気持ちを保っていくかが今の自分の課題です。最近マンガやら雑誌やらをむやみに買い込んでいるのはそうした気持ちの表れなのかもしれません。少なくともここ一週間のうちに、雑誌と書籍をあわせて10冊以上お店で買いました。スタパ斎藤氏物欲番長なら、いわば筆者は紙欲番長かも知れません。氏と違って個々の商品に対する何の知見も持ち合わせてはおりませんけれど。しかし最近古紙をリサイクルに出し損ねているので、紙くずがどんどん家の中に積み重なっていくという罠。せいぜい紙に押しつぶされたり飲み込まれたりしないように気を付けたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.06

『テレビの黄金時代』

 小林信彦さんの『テレビの黄金時代』(文春文庫)を読んでいたら、「多角経営人間」という言葉が出てきました。1962年に小林さん(当時は中原弓彦さん)のもとに取材に訪れた『サンデー毎日』の記者の発言として出てきたもので、「(テレビ界で)才能を多角的に経営している人」、つまり現代で言うところの「マルチタレント(この言い方も古いかも)」を言い表した言葉だそうです。
 当時この取材対象のラインナップに入っていたのは青島幸男、前田武彦、永六輔、そして中原弓彦の各氏だそうです。ただ、中原(小林)さんはその時既に自分がほかの三方とは異質で、文芸志向が強いことに気づいていたものの、編集部の意向により人選のバランスを取るために加えられたとか。そういえばマルチタレントという用語はごく新しいものと思いこんでいましたが、最近その用語に該当するようなタレントも含めて余り耳にしません。単に近頃テレビを熱心に見ていないので知らないだけかも知れませんが。

 日本での草創期~1960年代のテレビ界というのは作る側のスタッフが、自分たちが知的階級に属する文化の担い手であるという強い自負の元に作っていたというイメージがあり、そのイメージに対して自分は昔から興味を抱き続けてきました。それは自分が現実に体験し得なかった時代に対するノスタルジーもあるのかも知れませんが、恐らく当時のスタッフが込めたメッセージが放つ独特の臭いにも惹かれているのだと思います。
 『テレビの黄金時代』には、小林さんがかつて身を置いていたテレビ界のそうした臭い、そして、当時はビデオすら残らない「消え物」であった番組に自分たちの美学を注ぎ込もうとするスタッフの姿が、可能な限り客観的に突き放そうと試みた視点の元でたっぷりと語られています。これだけがテレビ史だと思って読むとたぶん偏ってしまうに違いありませんが(^^;)、同時代に同じ世界に生きていた他の人(青島さん、井上ひさしさん他)の著書と比較しながら読むと楽しいかと思います。
 一点だけ文句を述べるとすれば、小林さんは現代のテレビ番組を辛辣に批判されるのだけど、今の番組にも決して捨てた物ではない内容の物はあるよ、ということでしょうか。むしろ、昔より社会的制約が増えた中で作り続けることには違う面の努力が費やされているとも感じるのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.03

第7回図書館総合展参加レポート

 遅くなりましたが、水曜日に第7回図書館総合展に出かけてきました。地域資料デジ研さんや農林水産研究情報センターさんのブース他で数々の既知の方、そして初対面の方などに出会い、お話しし、楽しいひとときを過ごさせていただきました。幾人かの学校の後輩に当たる皆さんにもお会いしたのですが、それぞれに自分など足元にも及ばない頑張りを見せていて、ただ圧倒されるばかり。

 ところで展示会場に先だって出向いたのは総合展運営委員会主催フォーラム「Google and Libraries」(Googleと図書館)で、グーグル株式会社の村上社長の講演でした。内容は“Google Book Search”(旧 Google Print)のサービス目標と機能についての解説。村上氏がGoogle Book Searchのゴールとして掲げていたのは、
「著作権を守りながら、すべての言語で、すべての書籍の、包括的で検索できる仮想目録をつくる」
というものでした。
 講演の中で印象に残ったのは、「著作権を尊重いたします」「ユーザと新たな図書との出会いの機会を作ります」「存在すら知られることのなかった書籍に発見の機会を与えます」という発言でした。これってつまり、図書館司書の仕事そのもの。出版社の仕事とも通じていますが、異なるのは絶版書や著作権切れ書籍についてもユーザへの提供対象としていること。確かに絶版書の復刊への取り組み(例.復刊ドットコム)や著作権切れ作品のインターネット上への公開(例.青空文庫)など、ユーザのニーズに部分的な取り組みは行われていましたが、これらは言ってみれば出版界のすき間産業であって、全部含んだ大規模なビジネスモデルを展開しようなどというとんでもないことをするのは今のところグーグルぐらいでしょう。ある意味、図書館界と出版界の水と油の部分の融合をビジネス的に実現しようという試みなのだと思います。
 ひとつ気になったのは、質疑応答タイムで聴講者のひとりから出た
「日本の図書館界や出版界には公貸権の問題などあるがそのへんは日本でビジネス展開を行う上でどうなのか?」(不正確かも)
という質問に対する、
「そもそも北米でのこのモデルのスタートも出版社向けプログラムであり、図書館への働きかけはその後であった。このため、日本でもまず出版社からと考えて打ち合わせを始めたところ」
という回答でした。確かにGoogle Book Searchには、検索結果表示ページに表示された広告リンククリックにより生じる収入の一部を、結果として表示された書籍の出版社に配分するという仕組みが存在するそうなので、出版社も直接的なうまみを享受することはできるようです。しかし実際質問者が危惧されていたように、日本の出版社、そして作家団体の自分たちの利益にこだわるばかりの最近の姿勢を見るに付け、今回のようなビジネスモデルを成立させるのは難しいんじゃないかという気がしてなりません。別にGoogleシンパではない―むしろ検索エンジンの行ける限り、あらゆるサイトのデータをアーカイビングしていき、最終的にはデータで世界征服できるだろうという畏怖の方が大きい、あ、でもGoogle Doodleは大好きです―のですが、果たしてこれからどうなるのか静かに見守っていきたいと思います。日本の図書館界に対してはオファーの糸口にすらまだたどりつけていない状態のようですし。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »