« 図書館に静脈認証システムが | トップページ | 師じゃなくても走る年末。さようなら2005年。 »

2005.12.29

初めての上海蟹

 ここ数日細々とした仕事に追われていましたが、本日ようやく仕事納めを迎えることができました。午後はお休みをいただきまして、夕方から神保町に繰り出し、友人たちと上海蟹をメインにしたディナーを堪能してきました。上海蟹は生まれて初めて口にしましたが、ウニとゆで卵の黄身を混ぜてもっと香り高くしたような美味な味噌にやられました。ゆで蟹の他、あんかけ、フカヒレ入りスープ、チャーハンと、蟹を素材にした様々な料理をいただきましたが、やはりシンプルなゆで蟹が私的にはベストでした。その次がスープでしょうか。
 なお、一連の蟹料理は、一人で注文するにはかなり勇気の要るお値段でした。こういうものはやはり友人や家族とわいわい言いながらいただくに限ります。

 友人たちと別れ、22:40頃遅い帰宅。そして明日は(もう今日ですが)また冬のお祭りに出かける予定です。鼻ずるずる、喉ひりひりと思い切り風邪を引いてしまっていますが、がんばって出かけてきます。年賀状?大掃除?なんですかそれ(リラックマ風に)・・・と言ってみたいものですが、そのあたりは30日にがんばる予定です。

 実は以前に取り上げた大阪市立図書館の24枚のカードの問題について、これまでの数々の疑問を全て払拭してくれるメールをとある方からいただいておりまして、後はそれを自分の文章に消化し直して公開するだけなのですが、せっかく提供いただいた題材に真摯に向き合おうとすればするほど脳がカチカチの仕事モードになってしまい、なかなかうまい文章にまとめられずにいます。申し訳ありませんが今少しお待ち下さい。

|

« 図書館に静脈認証システムが | トップページ | 師じゃなくても走る年末。さようなら2005年。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/7883990

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての上海蟹:

« 図書館に静脈認証システムが | トップページ | 師じゃなくても走る年末。さようなら2005年。 »