« NHKの放送事業削減? | トップページ | 『エリザベート』感想(5/4) »

2006.05.04

違う違う、そんな風に僕は―!

愚智提衡而立治之至也: 違います

図書館原理主義者が,行政において公共図書館が他の文化施設に対して優位を保つために考え出した,役所内での膨張主義あるいは覇権主義路線の手段が「貸出至上主義」だったんですよ.こう書いても,決して『市民の図書館』を貶めたことにはならないと思います.

 役所という場所は予算を取った者勝ちです。だから「貸出至上主義」も「図書館原理主義者」も役人的には全面否定できません。むしろ図書館が生き残るための革命の謳い文句(別に『至上主義』って当事者が言ったわけではないけど)としては当時は最高だったんでしょう。
 その後貸出数の向上が図書館の業績を示す数値から、目的の一つになってしまったのは本末転倒だと思います。「博物館,美術館,体育館,文化ホール」と比べて図書館だけが文化的に保護されるべき特別な場所という認識もかなりどうかと思いますし。

 世間から見ると、働きの悪い役人の税金の無駄遣いはなくせ、というのが共通認識でしょう。ただ、公共予算を司っている為政者側から見ると、利用者の役に立ってるんだか立ってないんだか、無駄なのかそうでないのかはわからないけれど、節約していることが市民に最もわかりやすい予算として、「図書館ほか文化施設の人件費」を選んでいるに過ぎないんじゃないかと思える時があります。
#もちろん文化施設も行政の一員には違いないのだけど、少なくとも予算配分を司ってはいないので…。

 こうした為政者側に図書館が対抗する手段としては、実のところ「貸出冊数」や「来館者数」といった白黒のわかりやすい具体的数値を示すことがメインになってしまうのは致し方ない面もあるのではないかと思うのです。個人的には、そうした数値とともに利用者の立場に立った理念を突きつけるのを理想にしたいところですが、実は最近そういう綺麗な理屈が通用しそうもないターミネーターみたいな為政者の事例を割と間近で見聞きしてしまったので、さて、そういう人に対面したらどう戦ったらいいんだろう?と時々考え込んでしまいます。所詮は自分も準・役人なので、あまりやわらかあたま(笑)なアイディアが出てこないのが辛いところ。そういう方には一言「利用者をなめるなー!」と言ってすっきりしたいけれど、それだけでは何も解決しないですし。
 それでも、とりあえず、役人だろうとそうじゃなかろうと、たいていの人は自分が微力を尽くしている(一部尽くしてない人もいるかも知れないけど)職場が無くなるのは嫌だと思うので、悪あがきだろうと遅きに失したと言われようと何しようと一通り戦うのは職業人として正しい姿だと思うのです。そしてできれば、土俵際で粘りきって豪快な上手投げで逆転勝ち、というのが理想なのですが、甘いですか?

 ところで今回のタイトルの元ネタが分かる方は……いらっしゃらないかも知れませんね。ちなみに図書館とはあまり関係ありません。遠くへ、遠くへと、願った日々。

|

« NHKの放送事業削減? | トップページ | 『エリザベート』感想(5/4) »

コメント

最近、図書館に不利な情報ばかり聞こえてきます。特に、「為政者側」の論理を知っている人と話していると。

図書館の人件費削減の話は、やっぱり、具体的数値などで客観的に分かりやすく定員の必要性を示さないと、容赦なくカットされちゃうと言われました。
「某省に対して説明できないってことは、国民に対してクリアに説明できないってことだ。そんなものに税金をつぎ込むなんて、認めるわけにいかない」んだそうです。要するに、理念だけ語られても困る、某省に定員要求を行う立場の人間が説明できない、と・・・。

このような役所の仕組みがいいか悪いかは別ですが、この現状を踏まえて対応するしかないのかなあと思ってます。

そして、追い討ちをかけるように。
利用者へのサービスの理念を訴えても、当の利用者に図書館の全面アウトソーシングを望んでいる人が多いという話を聞きました(うちの職場だけかもしれませんが)。理由を聞くと、「文献の物理的な管理だけしっかりやってくれればいい。高度なサービスなんかなくてもいい。」とか、「正職員がいても、どうせあの程度の働きしかしないんだし。」とか。挙句は、「だったら、司書資格を持った派遣のねーちゃんが来てくれた方が、目の保養になるだけまだマシだ」と言ってる人までいたと聞いています。
個人的には、こっちの方が深刻な問題だと思います。

長文でぐだぐだ書いてしまい、ごめんなさい。

投稿: ムラサキ | 2006.05.05 01:56

>ムラサキさま
他の方のブログ記事で触れられていたのですが、数字も出し方によっては逆に不利に働いてしまうこともあるようです。例えば、今の予算でもそれだけ貸出冊数が稼げるなら、もう少し予算を削ってもいいでしょ?という感じで。
今のお役所(特に国)の予算や人員獲得の仕組みでは、必ずしも図書館の実務担当者(あるいは実務を理解している人)が直に説明できるようにはなっていないのがじれったいです。実際に説明する立場の方が堂々と説明できるようにお膳立てするのも実務担当者の能力ではあるのだけど、説明に立つ方がそれに呼応してくれるとは限らないわけで…。
#自分の能力は当然棚上げしてます:-p

そちらの図書館については…直接勤めさせていただいたことがないというのもありますが、ちょっと利用者の傾向と対策が読めないところがありますね。提携関係にある他の館の利用者のほとんどはバリバリの理系ですが、そちらはそうではありませんし。
「アウトソーシングしてもしなくても、欲しい本さえ買ってくれれば一緒」
と思っているんじゃないかという気さえしてきます。

投稿: MIZUKI | 2006.05.06 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/9890019

この記事へのトラックバック一覧です: 違う違う、そんな風に僕は―!:

« NHKの放送事業削減? | トップページ | 『エリザベート』感想(5/4) »