« 2つの図書館ツアー | トップページ | アド街筑波山篇を見る »

2006.06.25

物みなは歳日と共に亡び行く

 あのアップルストアがついに札幌にもできたというニュースを耳にしました。

 アップル、6月24日に直営店「アップルストア札幌」をオープン - CNET Japan
 フォトレポート:700人の大行列--アップルストアが札幌にやってきた - CNET Japan

 ちなみに筆者、アップルには特に思い入れはありません。どちらかと言えばあの1ボタンマウスが苦手な方ではありますが、普通にiPodは1台持っていてもいいかな?と思う程度です。
 お店の場所は札幌三越の隣。え、三越の隣?何か引っかかる、ちょっと待て…と思って確認したら、やはり丸善南一条店があった場所ではないですか。調べたところ、丸善は2005年10月16日をもって閉店し、苗穂に移転と相成ったようです。あの京都河原町店の閉店と同時期。会社本体の経営不振によるとは言え、大きくて品揃えもきちんとしていた本屋さんが無くなったのは残念です。輸入品や文具を見るのも楽しかったのだけれど。
 いや、大通近辺にはまだパルコ札幌のブックセンターがあるじゃないか!と思い直そうとしましたが、パルコブックセンター冨貴堂もどうやら撤退してしまったようです。…まあ、1年前には紀伊國屋の札幌本店も移転オープンしているらしいし、ポールタウンにあった旭屋書店札幌店もJR札幌駅方面に移転したらしいし、本屋の中心は大通周辺からJR札幌駅周辺に移ったということなのでしょうか?

 本屋とは全く関係ありませんが、オーストラリアで健在だった、ダーウィンと面識のあるカメ、ハリエットさん(175)もついに先日(6/22)大往生を遂げられたそうですし、物事に永遠というのはありえないと頭ではわかっていますが、実際に移り変わりゆく様子を見聞きすると感慨深い物があります。
 ハリエットさん、誰かカメ語を話せる能力のある人などがいて、彼女の昔語りを聞き書きしてくれていたりしないかな?(妄想)

|

« 2つの図書館ツアー | トップページ | アド街筑波山篇を見る »

コメント

ごぶさたっす。

札幌、大通り地区の大型書店は
すべて絶滅しました。(爆)
老舗の書店はありますが、昨今の出版物の肥大
では品揃えに対応しきれないでしょう。

しか~し!丸善はオフィス街のブーイングに答え
大通り地区に再出店を決めたようです。
くわしいことは未定ですが、テリトリー内の丸善
復帰は待ち遠しいデス。

投稿: 藤田 | 2006.06.25 14:20

大通の本屋さん。富貴堂も紀伊国屋もよく待ち合わせにつかったなぁ~。
足を運ばなくなってから随分変わったのですね・・
丸善といえば私の中では同級生のKちゃんなのですが、彼女も辞めちゃったしな・・

投稿: ゆーりん。 | 2006.06.25 15:26

>藤田さま
本当にごぶさたしてしまってます。
丸善、大通り方面にカムバックするのですか。情報ご提供ありがとうございます。
これであっち方面の書店はリーブルなにわぐらいしか無くなるのかー、と、今や札幌市民でもない癖にがっくり来ていたので、それは大変うれしいニュースです。

>ゆーりん。さま
札幌は去年の9月に出かけたばかりだったので、それが余計「行っておけばよかった」と悔やむ要因となっております。
タイトルにもあるように、いつまでも物事に変化がないとは思っていませんが、それにしても1年も経ってないのにこんなに変わるなんて、と呆然としてしまいました。

投稿: MIZUKI | 2006.06.26 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/10669459

この記事へのトラックバック一覧です: 物みなは歳日と共に亡び行く:

« 2つの図書館ツアー | トップページ | アド街筑波山篇を見る »