« 仕事との戦い | トップページ | 炎の街 »

2006.07.11

『ダンス・オブ・ヴァンパイア』観劇記(7/8マチネ)

 キャスト:クロロック伯爵=山口祐一郎、アブロンシウス教授=市村正親、アルフレート=泉見洋平、サラ=大塚ちひろ、ヘルベルト=吉野圭吾、クコール=駒田一

 帝劇で『ダンス・オブ・ヴァンパイア』を観てきました。開幕は7/2でしたが筆者はこれが初観劇。
 ネットでの評判がまっぷたつに分かれていたので不安でしたが、筆者は結構楽しむことができました。不満があるとすれば、「帝劇の怪人」山口さんのケレン味が少し控えめなところでしょうか。もっとマントを翻して悪目立ちするぐらいで良いと思うんですけど。一応主役だし。
 あ、でも、伯爵の巨大なコウモリ羽根の乗り物には笑い死にさせてもらいました。ばかばかしいまでに高いクレーンに載り、加えて、1FG席30番台の席から見ると羽根の素材が黒いゴミ袋を貼り合わせたように安っぽく、しかも18の娘が入浴中のお風呂場の天井から降臨してくる(笑)。決して失笑ではなしに、あの大きなのっぽの伯爵がさらに大きい羽根を着けて飛んできて、大まじめな演技をするというのが可笑しくて仕方ありませんでした。
 伯爵の歌声はいつもながら神がかり的で言うことなし。ミュージカルにおいては歌唱力も演技力の一つであるということの生ける証拠がこの方であると、お歌を聴く度に思います。でも、カーテンコールではもうちょっと踊ってもいいのにな、と、欲張りなことを考えてみたり。教授ですらスイングしてるのに。

 アルフレートの泉見君は初見。扮装写真の髪型を見て「雷様?」と心配してましたが、実際の舞台での頭はそうでもない自然なカーリーで安心。ヘタレだけど純粋で熱いキャラクターの崩し方が上手いと感じました。あれを見てしまうと、Wキャストの王子様系の浦井君がどこまで崩せてるのかと不安になります。
 教授の市村さんはとにかく達者です。ちょっとでも隙を作ると崩れてしまいそうなぎりぎりの早口のナンバーを、見事に歌い上げていらっしゃいました。しかも冒頭でカチカチに凍った時のいかにも苦しそうなポーズを維持するお姿や諸所に見られる軽やかなアクションは、とても御年57には見えません。
 サラの大塚ちひろちゃん。意外に色っぽくて肉感的。サラという役は、最初町からやってきたアルフレートに少しだけ気持ちが動くのですが、入浴中に降りてきたクロロック伯爵に心を奪われてしまいます。その後お城に招かれ、徐々にアルフレートに対しタカビーになっていく態度が何とも可愛いのだけど、同時に「女の嫌らしさ」みたいのも身に付いていて、女性から見るとぞぞっと来ます。歌は…もう少し頑張った方が良いかも。
 そして見せ場を作ってくれたのは吉野さんです。オカマ系ヴァンパイアということで、むやみに美しい扮装写真が出ていましたが、まさか堂々とTバックスタイルで美脚を披露されるとは。サラのお風呂ソングと同じフレーズのスキャットが野太い声で響くだけで既に会場に笑いが起きていました。しかもジャンプ力もあって身のこなしの綺麗なこと。エンディングでもダンスを披露してくれます。
 注目したのは駒田さん演じるせむし男クコール。人里までお城のためにろうそくをもらいに来て、お城の泊まり客にはちゃんと朝食を用意し、ヴァンパイア化したばかりで落ち着きのない奴らをたしなめる健気な使用人。幕間には団扇で卓球のアクションをしつつ紙吹雪をあおいで舞台のお掃除をする姿には、がんばれクコール!と声をかけたくなりました。しかしラストではあんなことに(泣)なってしまう彼。これからお城の贅沢な暮らしは誰が支えるのでしょうか。

 残念だったのは宿屋の主人とその愛人役の方の歌唱力。折角美味しい役どころなのに、このカップルの場面はちょっとだれちゃってます。
 ダンスシーンも賛否両論あるらしいですが、リピートしないとよくわからないので割愛。
 あと、ラストシーンがちょっとわかりづらいです。教授がオチで起きた事件に気づいているのかいないのか、今ひとつどっちか判然としません。仮に気づいた上で「ヴァンパイアの存在を証明できた(^o^)」とか言ってるとすると、この方、かなり始末に負えないマッドサイエンティストです。師匠を間違えたね、アルフ。

 ところでこの日はOカードの貸切公演日。ご挨拶は伯爵と教授。O!M!C!をポーズで決める教授と、牙付けてふがふが喋りで普通の内容の挨拶をする伯爵。そして最後はマントの懐からおもむろに看板を取り出して(いつから隠していたのか謎)ツーショットを決めて去っていくお二人。楽しませていただきました。
 また、当日は抽選会も用意されていたのですが、何と山口さんのサイン色紙が当たりました。Vカードと違って写真が付いているわけでもない、本当にお名前だけのシンプルな色紙でしたが、それでも嬉しいものは嬉しいです。数日分の運をここで使い果たしたような予感がします。

|

« 仕事との戦い | トップページ | 炎の街 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/10893927

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダンス・オブ・ヴァンパイア』観劇記(7/8マチネ):

« 仕事との戦い | トップページ | 炎の街 »