« 『ダンス・オブ・ヴァンパイア』観劇記(7/8マチネ) | トップページ | 潮来市立図書館のニュースに思う »

2006.07.15

炎の街

 そう言えばミュージカル『ダンス・オブ・ヴァンパイア』のエンディングの歌って『今夜は青春(Tonight is what it means to be young)』といって、映画『ストリート・オブ・ファイヤー』の中で使われてました。
 ところが掲示板などを見ていると「大映ドラマ『ヤヌスの鏡』の主題歌」であることに言及する人はいても、『ストリート・オブ・ファイヤー』の方に言及する人は意外に少ないようです。ヤヌスの方が強烈に刷り込まれているのか(ちゃんと見てませんがヒロインが原作と違って美少女じゃないなあ、とは思った記憶が…)、それとも『ストリート』の方がB級どマイナー過ぎるのか?
 面白いんだけどね、『ストリート・オブ・ファイヤー』。ストーリーにはヴァンパイアのかけらも出てこないけれど、ちょっとすさんだ感じの街を舞台にしたシンプルな恋愛おとぎ話で、音楽は躍動感あふれるロックンロール。上手い味付けで演出すればミュージカル舞台化もいけると勝手に思っておりますが、誰かやらないかなあ。

|

« 『ダンス・オブ・ヴァンパイア』観劇記(7/8マチネ) | トップページ | 潮来市立図書館のニュースに思う »

コメント

初めまして

どえらえもん、といいます。

ココログの検索でこちらにたどりつきました。

しかし世の中にはいろんな世界があるのに驚きです。勉強になります~

毎日、でたらめな妖怪人間を相手にしている自分とは大違いです。

どうもお邪魔しました (^^)

投稿: どえらえもん | 2006.07.16 00:52

そちらも読ませていただきました。
うわあ、何て複雑な世界なんだろう!
不動産屋さんというのもひとつの専門職なんだなあ、と改めて実感しました。

投稿: MIZUKI | 2006.07.17 08:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/10950022

この記事へのトラックバック一覧です: 炎の街:

« 『ダンス・オブ・ヴァンパイア』観劇記(7/8マチネ) | トップページ | 潮来市立図書館のニュースに思う »