« 佐々木丸美さんの訃報と著書復刊 | トップページ | あえて世間を敵に回してみる »

2006.08.06

『ダンス・オブ・ヴァンパイア』観劇記(8/5マチネ)

 キャスト:クロロック伯爵=山口祐一郎、アブロンシウス教授=市村正親、アルフレート=泉見洋平、サラ=大塚ちひろ、ヘルベルト=吉野圭吾、クコール=駒田一

 8月初、トータル3回目のダンス・オブ・ヴァンパイア(TdV)観劇に出向いてきました。同行の友人は夏らしく浴衣での観劇。服装は考えた末、手持ちのプリーツプリーズのベージュのシャツに別のスーツのベージュのパンツ、シースルーの白い八分袖シャツのセットといたしました。我ながらあまり突っ込みどころのない服装で、少し心残り。

 今回も、全体的に大きなハプニングもなく、実に楽しい舞台でした。2ヶ月公演も後半戦となり、キャストの皆様に良い意味での余裕が出てきたように見えます。

 今回は、ようやく伯爵の客席登場通路に近い席(1FJ列センター)に座ることができました。噂通りの気配を消した静ーかな足運びで雲を突くように大きい、黒マントをまとった伯爵(ベタな比喩だ…)が通り過ぎる瞬間、何故か自分も息を殺して見守ってしまいました。
 山口さん、本日の歌声も絶好調、バズーカロングトーンも見事でした。ただ、今さらなんですが、何故この方は歌う時両手を胸の当たりに構えて、前に出したり横に広げたりして動かしてしまうんでしょう?きっと一番声を出しやすいポーズなんだろうとは思いますが、今まで見てきた演目(4つくらいしかありませんが)で、歌い上げるナンバーの時は割とこのポーズを取られていることが多いです。あんなに手を振り回して風呂場で迫ってたら、サラが惹かれるどころか退いちゃうぞ?と思わないでもありません。でも顔と声と立ち姿が美しくて、舞台も客席の隅々までも我が手の内にあり!というような立ち居振る舞いを見せてくれます。「抑えがたい欲望」他のナンバーでは、歌声ひとつで観客をヴァンパイアの哀愁に包み込んでくれます。だから好きです。

 教授も絶好調でした(笑)。早口ことばの流暢さはただ口を開けて見守るばかりです。どのシーンでも軽やかで弾むような所作に、教授という奇天烈で愛すべきキャラクターが余すことなく表現されていて、ひたすら上手いなあ~、という感じ。

 そして本日のアルフレートは泉見君。浦井アルフが、箱入りで育ったけど、変わり者と評判の父上の酔狂で教授に身元を預けられてしまった、格の高い貴族の三男坊だとしたら、泉見アルフは家の商売が傾きかけて兄さんがお店を支えている中、苦学して大学に入ったら何故か教授につかまっちゃった商人の次男坊だと勝手に妄想しております。どっちも長男ではないところがポイントです。
 浦井アルフは母鳥の翼の下を離れたばかりの弱々しい雛鳥が初めて美少女を見て刷り込みされて目覚めた感情のもと、教授に叱られそして伯爵に煽られて突っ走る感じ。こっちはこっちで好きなんですが、泉見アルフは、今までも数々挫折してきたけど、この一世一代の恋だけは!と、弱い自分と戦う純粋な男の子ぶりが見ていて気持ち良いです。実年齢ではたぶん浦井君より十歳ぐらい上なのに、全く違和感がないのは凄いと思いました。

 アルフの悪夢シーンのダンスはだいぶ直視できるようになりました。加賀谷さんのしなやかな振りが割と好きです。このシーンの他にも、サラの家出ダンスや墓場のヴァンパイアダンスなど、7月の最初の頃に比べると随分アンサンブルの動きが自然になってきたように思います。

 ヘルベルト入浴シーンは、カーテンが開いたらいきなり片肌脱ぎしていました(^^;)。同行の友人(吉野さんファン)によれば「泉見君、素で驚いているように見えた」そうですが、観客にも衝撃的な場面でした。

 カテコは8月に変わるらしい、という話でしたが、どこが変わったのか素人目にはよく分かりませんでした。自分にわかるのは、伯爵が舞台の中央に立ってにっこりとスタンディングを煽ると脊髄反射でスタンドアップしてしまうということだけです(^^;)。

 ――さて、本日の私的ハイライトは幕間恒例のクコールお掃除にありましたので、これをもってしめくくりといたします。最近どんどん1幕最後の伯爵への頭突き&すりすりがエスカレートして、可愛い度が急上昇しているクコール。休日なので伴奏無しのお掃除。時々息をついて伸びをしながら紙吹雪をハタハタするクコール。そこに「彼はどこー?」とクコールに語りかける野太い声が。上手から現れたのは、真っ黒な日傘にサングラスをかけ、トランク(たぶんアルフの)を持ったヘルベルト!服装は1幕登場時のスーツでした。も、もしかして、昼下がりなどの日が陰ってくる時間になったら、あの格好でお外をうろついてるんですか?ヘル。彼は「アルフレートー!」という呼び声を上げながら下手に捌けていき、クコールも首をかしげながら退場して行きました。意外な共演が見られて何よりでした。

|

« 佐々木丸美さんの訃報と著書復刊 | トップページ | あえて世間を敵に回してみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/11299575

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダンス・オブ・ヴァンパイア』観劇記(8/5マチネ):

« 佐々木丸美さんの訃報と著書復刊 | トップページ | あえて世間を敵に回してみる »