« NII流連想検索データベース料理 | トップページ | 『ダンス・オブ・ヴァンパイア』観劇記(8/5マチネ) »

2006.08.03

佐々木丸美さんの訃報と著書復刊

 以下の記事を読んで、作家の佐々木丸美さんが昨年亡くなられたこと、また、佐々木さんが生前ひたすら拒まれていた、絶版になった著書の復刊が、ご遺族の許可を得て実現することになったことを知りました。

 Copy & Copyright Diary - 著作物は誰の物
 復刊ドットコムblog: 佐々木丸美復活!

 高校在学中に母校がこの方原作(後から振り返るとストーリーはかなり違ったけど)の映画『雪の断章』のロケに使われたことで初めてお名前を知りましたが、実際に『雪の断章』に始まる連作小説を友人に借りて読んだのは大学生になってからでした。どっぷりはまるというまでは行きませんでしたが、あの独特のファンタジックでほんのりミステリーの香りも漂わせた、異なる作品の登場人物同士がゆるやかに連環している佐々木ワールドには一時期かなり惹きつけられました。そんなわけで、訃報を聞いてひたすら嘆息しています。

 以下、さっき事実を知ったところなので、後で気持ちが整理されて変わるかも知れませんが。
 一般にリリースされた著作物は既に著者だけのものではなく、読者のものでもある、という考えは、本当にそうだと思います。しかしその一方で、それでも著者の固い意向があるなら仕方がない、著者がそう願っているのなら諦めもつく。そのように納得していた自分がここにいます。権利問題というのは情実抜きでシビアに判定されるべきものであり、ご遺族が了承されたということなので文句を言う筋合いはどこにもないのですが。…でも作家本人の遺志がどんなに強かったとしても、ご本人がこの世からいなくなられた以上、今やどうにもならないのだな、と思うとやはり「複雑」なのです。

|

« NII流連想検索データベース料理 | トップページ | 『ダンス・オブ・ヴァンパイア』観劇記(8/5マチネ) »

コメント

トラックバック先も追いかけてきましたが、思いは皆さん、同じようなのですね……
私は「万が一でも復刊されたらよいな~」程度の底の浅いファンですが、熱心に復刊運動されてきた方も決してこんな不幸をきっかけとしての復刊を望んでいたわけではないという心情、そこにも切ないものを見る思いがします。
ただ、思い返してみるに、佐々木作品自体もそういう理不尽さを含んだ世界観が多かったような。
誰かの死に主人公に責任はないのだけど負い目をどうしても感じてしまう立場で残りの生を引きずる、というのは四季の名を持つ女性達が主人公のシリーズにありませんでしたっけ。
こういう複雑さもまた佐々木さんの遺品なのかも……

投稿: Shelk | 2006.08.03 07:43

めちゃくちゃ嬉しい・・・反面、微妙ですね(--;

投稿: silverberry | 2006.08.03 08:21

>Shelk様
復刊の件は、誰も別に間違ったことをしているわけではなくてむしろ筋は通っているのだけど、作者ご本人が亡くなられたのがきっかけというのは何と皮肉なことか、と思います。
「四季の名を持つ女性達が主人公のシリーズ」は恐らく『恋愛今昔物語』のことでしょうか?こちらは残念ながら未読なのです。
ちなみに自分が佐々木作品において人生の理不尽さを見たのは、『忘れな草』の登場人物が起こした事件が『花嫁人形』のとある登場人物の死に密接に関わっているのだけど、多分前者は後者の事件を永遠に知らないだろう、という展開でした。

>silverberry様
復刊拒否は佐々木さんがファンの要望をしっかり汲み取られた上で、それでも…の強いご意志だったようですね。
ご本人が亡くなられた以上、ご遺族がその遺志を引き継がなければならないという義務はもちろんどこにもないのですが、今回の復刊という運びをご遺族に作っていただけたのは読者にとってはやはりありがたいことです。
でも、できれば新作も読みたかったな、と少しだけ思います。そんなことはあり得なかっただろう、と首を振りつつも。

投稿: MIZUKI | 2006.08.04 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/11234278

この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木丸美さんの訃報と著書復刊:

« NII流連想検索データベース料理 | トップページ | 『ダンス・オブ・ヴァンパイア』観劇記(8/5マチネ) »