« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006.11.25

図書館総合展・夜の部

 ちょっと間が空いてしまいましたが、図書館総合展の話の続きです。

 筆者自身はシステム・ライブラリアン属性は皆無に等しいのですが、縁あって無線LAN接続が可能な中華街の某店での、システム・ライブラリアンの皆様が多数集う宴会に参加してきました。参加者はいずれもネット上でお名前を見かけたことのある方ばかりで、そのうち何名かとはブログやSNSを通じて何らかの形で交流させていただいたこともありましたが、大部分の方には実際にお会いするのは初めてでした。
 とても楽しい会ではありましたが、自分は激しく人見知りする質なだけでなく、前出の通りシステム・ライブラリアン属性が無いため、あまり込み入った会話に参加することは叶わずじまいでした。ただ、その席上にて、オープンソースによる図書館システムの構築を目指す“Project Next-L”を始動するという話が主催の先生御自らの口から語られ、同時に公式Webサイト(Project Next-L Official Page)の開設についても発表されるという出来事がありました。
 システムが分からないど素人が見る限りでも、Next-Lのシステムが完成したとして、現実の図書館(小規模な公共館や学校図書館を想定)に採用され、永年的に利用され続けるようにするには、踏んでおくべき段取りやクリアすべき課題が目白押しのように見受けられます。メンバーリストを見ると、中心になる慶應大の研究室の他に、自館の図書館システム(図書館業務用・利用者用の両方)の構築経験、あるいは導入経験のある方は何名かいらっしゃるようなので、後はいかにコスト意識を持って、進行スケジュールを管理していけるかにかかってくるのではないでしょうか。

 今後については、未知数の部分が多いからこそ、今までになかったものとしてあえて期待させていただいてもよろしいですか?という感じです。こんな風に、所詮は感覚的にしか物を語れない人間なので、影からひっそり応援して参りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.23

図書館総合展に行ってきました

 今更ですが、11/21に第8回図書館総合展に出向いてきました。
 業者ブースではeBook関係を中心に情報を収集。eBookの世界は医学・薬学系あるいは人文系が主流な感じで、我が社で需要の大きいライフサイエンス系(含む非動物系)をカバーしているところは割と限られるようです。
 某T社のブースで、DORAさんにご挨拶することができました。少し時間を置いて、プレゼンも拝聴できました。あのテーマ展示のPOPで、毎回々々いかにしてあんなにイメージぴったりのクリップアートを探してこられるのか、それについてお尋ねするのを忘れたことを後悔。…いえ、PowerPointのクリップアートのオフライン/オンラインでの探し方自体は存じてますが、これぞという絵柄が複数見つかっても、画のタッチが合わなかったりしてなかなか組み合わせに苦心するのが常ですので。

 フォーラムは15:30からの千葉大の土屋先生の講演を拝聴。「雑誌の購入仲介者としての代理店はもう要らない」「図書館が出版社と直接交渉する時代である」というお話でした。実際、出入りの代理店さんにおんぶに抱っこしてる部分もまだ大きい(その代償として中間マージンがある)けれど、出版社や全文DBベンダーと直接やりとりする機会が増えているのも事実です。ただ、我が社の場合、利用者は全国規模に分布しているものの、人数がばらけているので例えば国大図協のように数の論理で押せない面もあったりします。正直、今代理店にお願いしているようなことを全部担当者が自力でやるとか、外部の語学の専門家を雇ってでもやれ、と言われても、立ちゆかないのもまた現実。だって、語学だけ出来ても出版社との細かい交渉を成立させられるかは別の話ですし。
 しかし、出版者や全文DBベンダーが直に図書館側に歩み寄ってくれるとすれば、また全く話は異なってきます。実際、最近はそういう営業が行われているわけですし。また、図書館側でも旧態依然に甘えず、自分から売り込んでいく必要があるのでしょう。筆者などは縦のものを横にもしない人間なので、本音を申せば旧態に浴していたいところですが、決してそうは言っていられないのが昨今の状況であります。
 ひょっとしたら図書館そのものも利用者から見て「要らない」状態になりかねないわけでして。ここはちょっと働いておかないと、と思っているところです。

 この他に、農林水産研究情報センターの、雑誌受入情報等のRSS配信サービスやOPAC2.0のプレゼンも拝聴。まだ発展途上なのだろうけれど、色々な意見を取り入れて先に進んでほしいと思います。

 夜の宴席のことなどお話ししたいことが後につかえてますが、ちょっと眠くなってきましたので、後半戦については後ほど書かせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.21

慶應大・共立薬科大の合併

 図書館総合展を回るため、ちょっと早めに横浜にやってきています。こんな早い時刻に横浜にいるのは初めてなので、参加する予定のフォーラムやプレゼンの開始時間まで、どこから会場を回ろうかと考え中です。

 さて、昨日ニュースになったこの記事。

 asahi.com:慶応大と共立薬科大、合併へ 08年4月めどに - 暮らし

 薬学部のように手に職が付けられて人気のある学部で、ましてや薬剤師養成実績の高い大学であってもこのような合併を考えなければならない、という少子化の深刻度を、このニュースで改めて思い知りました。

 また、そういえば慶應大に医学部はあっても薬学部ってなかったんだなあ、と惚けたことをまず考えました。文系だったもので、どこに医学部や薬学部があるとかそういうのはあまり意識したことがなかったというのもあります。実際、共立薬科大の薬剤師養成実績の高さというのは、今回のニュースで初めて知った次第です。
 しかしながら、そもそも一応司書の勉強をする為の学校を受験して入学したというのに、慶應にライブラリー・スクールがあるという事実を知ったのは受験生活が完了してからだった、という事実もありますので、単なる物知らずかも知れません。
#仮に知っていて受験したとしても、そもそも入れなかったとは思いますが(^^;)

 共立薬科大は合併によって慶應の一学部となります。OBの方から見ると、合併しても校風は消えないで欲しいという想いがあるのではないかと考えますが、そこはどうしてもひとつの学校としてやっていくことになるので、どこかで折り合いを付けることになるのだろう、と、母校が大きい大学に合併されたことのある者としては思いを巡らせます。

 慶應にも医学部の伝統がありますし、共立薬科大も他大学の医学部や大規模な総合病院との交流が豊富のようなので、そこはスケールメリットというんでしょうか、カリキュラムにお互いの交流ネットワークを幅広く活かしていただきたいですね。ネットワークと言えば、ドメイン変更など所謂ネットワークの調整やシステム統合もあるでしょうし、これから色々クリアしなければならない問題や山積みであるとお察しします。図書館屋としては、個人的に図書館システムの統合なども気になったりします。まだ道のりは長そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.20

なぜか横浜

なぜか横浜

 夕方まで普通に仕事した後、電車に揺られて延々二時間。何故か今は横浜にいます。明日は昼頃(多分)からパシフィコとか言う場所をうろついてる予定です。
 別にPCを背負って来ているのでそっちから更新しても良いのですが、携帯で写真を撮ったついでに拙文をくっつけてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.14

続・図書館屋の商魂

 先日書いた「図書館屋の商魂」で書き足りない点があったので少しだけ補足します。

 その際も記しましたように、図書館で働く人間は自分の仕事の面白さのツボは知っておいた方が良いと思いますし、また、「図書館断想」の記事にもコメントさせていただきましたが、自らの仕事場の持つ役目をきちんと理解し、利用者に知らしめる為にはある程度の図書館という場への愛着は必要だと考えています。
 しかし、図書館で働く人間がその仕事場たる図書館に思い入れを持ってさえいれば良いとは考えておりません。と言うのも、その思い入れが過剰になることにより、冷静な判断が必要な時にそれができなくなる場合もあると思うからです。図書館を利用する人間の立場も経験も1人1人異なるので、図書館側の人間には利用者に対し決して1個のみの決めつけを押しつけるのではなく、柔軟にアプローチすることが求められているのではないでしょうか。
 また、異動が無い、あるいは少ない図書館であるならともかく、現在の勤務館から別の館あるいは部署に異動した場合、前任館での業務の全てを活かせるわけではありません。そうした意味で、ある館での業務経験を自分の中で規範とするとしても、その規範に縛られて物が見えなくなるのは良くないと思います。

 正直申し上げて、これを書いている本人自身、相当に頭が固くてどこかに固定観念を見つけたがる人間であるのを自覚しており、上記のような割り切りについて言うのは簡単、実行は意外と難しいということを日々折に触れ感じているところです。
 図書館において仕事を進めるに当たり、最も視点を据えなければならない対象はもちろん利用者ですが、同時に算盤を弾いて、組織内の予算を管理している側とも向き合わなければなりません。他館の担当者との連携やバランス保持も必要でしょう。このように仕事の上で考えていくべき事柄は多いですが、その一方で、仕事には無私でありたいと考えつつ、何年か後に自分の今の業務を誰かに引き継ぐことを考えると、あまり重すぎる荷物を背負い過ぎてはいかん、という計算などというのも働かせる必要があります。
 どうも抽象的な書き方しかできませんが、要するに申し上げたいのは、図書館で働く者は自分の立ち位置も含めて様々な立場で多面的に物事を考えていくのが相応しいのではないか、ということです。

 物事の一面しか見えていないと後が怖いぞ、と思ってしまうのは、最近二週間連続でミュージカル『マリー・アントワネット』を観た影響もあるのかも知れません(笑)。いっぺん為政者になって図書館の予算をああいうレベルで浪費してみたいもんだ、と思いますが、そもそもお金自体十分にはないですし、お金があったとしても、偏った目的に注ぎ込んだことで後から付いてくるダメージの大きさを考えるとああは出来ないなあ、とため息をつくばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.12

XmasまでにDuoを探せ!

 土曜日からずっと東京方面に出かけており、先ほどようやく帰宅いたしました。

 下の写真は今月からTX秋葉原駅構内に出現している大きなクリスマスツリーです。3年来愛用している旧型携帯で撮影しましたので写真が綺麗でないのはご容赦を。

Pht1112203500_2


 スポンサーはインテルです(日本本社がつくば市にあります)。オーナメントにはIntelが入っています。

Pht1112203400


 上の写真では分かりづらいですがたくさんのCPUが惜し気もなく飾られています。以下の記事によれば、新製品のCPU“Core 2 Duo”が透明ケースに入れられて、6個だけまるで隠れキャラのように吊られているとのことでしたが発見できず残念。

 フォトレポート:金色に輝くCore2 Duoを探せ!CPU2000個を使ったクリスマスツリー登場 - CNET Japan

 実は上の記事に「金色」って書いてあるのに一所懸命「透明ケースに入った奴」を探してたのでした。後から考えたら近眼の目で探し当てるには、目立つ金色を探した方がよほど早かったような気がします。クリスマスまでに何度か秋葉原駅を通る機会はあるので、それまでには何とかして発見したいです。ツリーの上の方に吊り下げられていたら確認のしようがありませんけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.08

図書館屋の商魂

 図書館断想 - 「利用者の立場」

 読んだ瞬間「ディープな図書館屋さんによる図書館屋の為の釣り記事だ」と思いましたが少しだけ釣られて感想とひとかけらの反論を書いてみます。
 図書館はあくまで道具であり、本当に欲しい本は借りずに手元に購入してしまう、というのは、筆者自身の普段の生活姿勢そのものだったりします。「自分の職業的立場からしか物事を考えられなくなる」のも、そうではいけないとわかっていながら結局罠というか職業的エゴに陥っているという、大変良く理解できる状況です。

 ただ、図書館屋としてこの記事で1点だけ引っかかったのは、
「図書館の仕事が好きだとか、誇らしいとか、そういうことは己だけが分かっていればいいのであって、他者に披瀝するような感性を持っているから目が曇るのだ。」
の部分です。
 普通の人は確かに図書館が無くても生きていけるのですが、五分ほどの魂を持つ一寸足らずの図書館屋の立場からすれば、
「公共図書館は本を借りたり読んだりするだけじゃなくて、調べ物をしたいならレファレンス、子供を物語に親しませたいならおはなし会、色々楽しみがあるよ」
とか、
「大学図書館は学生さんが無事学業を修めるために、授業に使う図書とか論文執筆のお手伝いなんかもできますよ」
「専門図書館にはその道の蔵書は揃えてるし、時には専門家の助けも直接借りて調査しますよ」
とか、是非図書館に縁の薄い普通の人にも布教したいところです。そうやって普通の人を図書館道(笑)に引っ張り込むためには、図書館の人間自身がそれなりに図書館に思い入れを持っていないとやっていけないんじゃなかろうか、というのが筆者個人の持論です。

 これはもちろん、司書というのはお給料をいただいて図書館という場を司るプロのスタッフである以上、基本的には情にほだされず、正確な知識の下にビジネスライクに仕事をこなすべきであるという姿勢に共感した上での考えです。司書は全ての利用者の要求を完全に理解し満足させようなんて大それた事をもくろんではいけないと思うけど、少しでも満足に近づくことを目標にするだけなら許されるんじゃないかな?
 スーパーの経営者や店員が自分のお店の売り物を堂々と宣伝するように、図書館にいる司書がビジネスとして自分の職場の利用価値を宣伝していけない理由はないと思います。とか何とか言ってる自分は現在図書館の人ではなかったりするのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

カッポンとの巡り会い

 先日、居住中の社宅アパートに、毎年恒例のお風呂などの排水管清掃を行う業者がやってきました。ちょうど洗面所の排水が最近詰まり気味だったので、ついでにやってもらえないかと頼んでみましたが、今回の清掃は洗面所の排水管は対象外なので、同じ会社に別料金で依頼してほしい、とのこと。予想していたとはいえ、結構シビアです。
 と申しましても、件の排水管の詰まりはワイヤーブラシを突っ込もうがパイプ洗浄剤を投入しようがびくともしない難物な上、こちらも平日そうちょくちょくは休めない身なので、今日やってもらえるものなら頼んでしまおう、と早速その会社に電話し、運良く40分程で来てもらうことができました。さて、プロの手管を見せてもらおう、と作業員氏に注目していたところ……作業用バケツから取り出したのは何と、トイレ掃除の時などに使う柄付き吸盤のカッポン!
 作業員氏がカッポンを排水口に押しつけながら水を洗面台に溜め、頃合いを見て排水口にカポカポしては勢いよく水を流すという作業を繰り返すこと数回。あんなに詰まっていた水は、嘘のようにスムーズに流れるようになりました。

 なお、この件で請求されたお代は約4,000円。
カッポンに4,000円かよ!これならカッポン1本買った方が安かったわ!
と叫びそうになりましたが大人の我慢。ちなみに排水管の更に奥まで掃除すると料金はもっと上乗せされるようです。
 悔しいので、近日中にカッポン(正式名称は『ラバーカップ』と言うそうです。初耳。)を探して購入することに決めました。生まれてこのかた暮らしてきた何軒かの家のトイレは深刻な詰まりに陥ったことがなかったので、このカッポンには無縁の生活でしたが、ついに我が家の道具に加わる日がやってきたようです。幾つになっても、新たな予想外の巡り会いってあるものだな、と感慨深くもあります。例えその相手がカッポンだとしても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.02

図書館における実名報道紙誌原則公開方針(from 日図協)

 本日の朝日の夕刊1面トップに掲載されていたこのニュース。

 asahi.com:少年犯罪の実名報道紙・誌 図書館協会「原則公開」へ - 社会

 この方針は、日本図書館協会の「図書館の自由委員会」の素案として、先月27日の全国図書館大会の分科会で公表されたそうです。「詳細は、機関誌『図書館雑誌』12月号で発表される予定」とのこと。

 個人的には以前の記事にも書いたように、公共図書館での閲覧制限はほいほい簡単に実施するもんじゃないし、むしろ行わないのが基本スタンスだと思っていますが、今回日図協として方針を定めたことは、公共図書館にとっては大きい意味を持っているのでしょうね。日図協のウェブページにまだ載ってないけど。

 また、G.C.W.さんのブログの記事にある「一般の会員に議論の詳細を知らせることなく新聞報道が先行したことに疑義を唱えておきます」については、確かにそう思います。とは言え、一般の会員に最も確実に議論の詳細を知らしめる為の手段として存在しているのが『図書館雑誌』なわけですが、まあ、号外を出す程の予算はあそこにはないんだろうな、と想像してみたり。ただ、少なくとも、正式に新聞社等に報道資料を送付したのであればそれは(全ての会員がアクセスできるわけではないけれど)公式サイトに載せておいてほしいですし、それができないのであれば委員の判断のレベル(想像)でこういう重要な情報の掲載を許可するのは止めた方が良いと思います。
 あと、『図書館雑誌』の誌名が新聞の1面トップに出ること自体珍しいと思います(^_^;)。結構レアかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.11.01

秋のある日の日常

 夕べから何だか体調がおかしかったので、今朝出勤するのを少し遅らせて病院にかかったところ、別にやましい病気ではないけれど人におおっぴらにするのはかなりはばかられる病気の診断をいただきました。普通は2、3日抗生剤を服用していれば治るらしいので、とりあえず今日はおとなしく過ごそう、と思ったのですが……仕事上の不手際発覚ですよ、奥さん!<誰?
 いや、そっちは各方面に頑張るしかないとして(どっち方面とかは聞かないで欲しいし、これ以上自分がミスってないことを祈ります)、そう言えば今日は職場のボウリング大会。幹事役の1人でもあるので参加は必須。腰痛持ちなので、ボウリングはここ10年ほど全くやっておりませんでしたが、今日の為に買っておいたゴムベルトを装着の上参加しました。1投目にいきなりストライクを出して呆然とするも、残りは10ピン倒れることは片手で数えるほどしかなく終わりました。腰はベルトを付けていてもそれなりに疲れましたが、まあまあ楽しかったです。もっとも来年も出るかは定かでありませんけれど。職場で恐れられているとある偉い方のいらしたレーン(筆者の所ではありません)の空気が、端から見ても淡々殺伐としていたのが印象に残りました。

 ところで自分の病気ですが、ちょっとした大腸菌などの細菌感染が原因だそうです。そう言えば最近頭が重いけど、これってもしかして大腸菌が脳に回っていたらどうしよう?と不安になって検索してしまいました。調べたところ、そのような大腸菌とはO-157などの病原性大腸菌の類であることが判明。そんなものに感染していたら今頃起きてられるわけがない、とひとまずは安心しています。でもそうすると頭が重い原因は何でしょう?秋だから?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »