« 都知事とレファレンス | トップページ | 図書館における実名報道紙誌原則公開方針(from 日図協) »

2006.11.01

秋のある日の日常

 夕べから何だか体調がおかしかったので、今朝出勤するのを少し遅らせて病院にかかったところ、別にやましい病気ではないけれど人におおっぴらにするのはかなりはばかられる病気の診断をいただきました。普通は2、3日抗生剤を服用していれば治るらしいので、とりあえず今日はおとなしく過ごそう、と思ったのですが……仕事上の不手際発覚ですよ、奥さん!<誰?
 いや、そっちは各方面に頑張るしかないとして(どっち方面とかは聞かないで欲しいし、これ以上自分がミスってないことを祈ります)、そう言えば今日は職場のボウリング大会。幹事役の1人でもあるので参加は必須。腰痛持ちなので、ボウリングはここ10年ほど全くやっておりませんでしたが、今日の為に買っておいたゴムベルトを装着の上参加しました。1投目にいきなりストライクを出して呆然とするも、残りは10ピン倒れることは片手で数えるほどしかなく終わりました。腰はベルトを付けていてもそれなりに疲れましたが、まあまあ楽しかったです。もっとも来年も出るかは定かでありませんけれど。職場で恐れられているとある偉い方のいらしたレーン(筆者の所ではありません)の空気が、端から見ても淡々殺伐としていたのが印象に残りました。

 ところで自分の病気ですが、ちょっとした大腸菌などの細菌感染が原因だそうです。そう言えば最近頭が重いけど、これってもしかして大腸菌が脳に回っていたらどうしよう?と不安になって検索してしまいました。調べたところ、そのような大腸菌とはO-157などの病原性大腸菌の類であることが判明。そんなものに感染していたら今頃起きてられるわけがない、とひとまずは安心しています。でもそうすると頭が重い原因は何でしょう?秋だから?

|

« 都知事とレファレンス | トップページ | 図書館における実名報道紙誌原則公開方針(from 日図協) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/12519977

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のある日の日常:

« 都知事とレファレンス | トップページ | 図書館における実名報道紙誌原則公開方針(from 日図協) »