« 図書館と喫茶店は兄弟だった。 | トップページ | 時間泥棒の謎。 »

2006.12.21

訃報続き

 昨日今日は語る人が多いと思うんですが、それでも。
 午後、青島幸男さんの訃報にまず驚き、続けて岸田今日子さんの訃報を知りもっと驚きました。でも最も衝撃だったのはカンニング中島さんの訃報です。
 自分のこれまでの人生で馴染んできたのは青島さんが作詞したクレイジーキャッツの歌であり、岸田さん演じるところのムーミンの声であったわけで、決してカンニングのキレる竹山とオサえる中島(あえて敬称略)ではなかった筈なんですが。別にカンニングファンでもないし、竹山のキレ芸もむしろ好きではないのだけど、それでも竹山は相方の帰りを待っていたんだろうな、と思うとせつないものを感じます。しかも35歳って自分より若い。若い人が亡くなるのは余計に辛いです。つい最近身近な友人の父親が急な病で亡くなったりしたので、今余計に人の死に敏感なのかも知れません。

|

« 図書館と喫茶店は兄弟だった。 | トップページ | 時間泥棒の謎。 »

コメント

年の瀬に胸にしみる訃報が舞い込みましたね~
今朝のニュースで聞いたんですが,竹山さん,一人になってからも,自分の給料(一人分)を,相方に半分?渡してたそうです。なんだか情の深さを感じました。

投稿: marippe | 2006.12.21 08:34

>marippeさん
私もそのニュースを読んで、竹山さんの思いの丈の深さを感じました。カンニングの2人は幼なじみだったのですね。知りませんでした。
全国的に名前も知れ渡って、子供も生まれて、さあこれから、というときに倒れられたということで、中島さんご自身が一番無念だったと思います。今はただご冥福をお祈りするばかりです。

投稿: MIZUKI | 2006.12.21 13:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/13146781

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報続き:

» カンニング中島さんのTVドキュメンタリー!? [独り言日記]
livedoor ニュースカンニング中島さんの闘病生活をあるTV局が撮っていたそうですね。これを聞いて本田美奈子さんの闘病生活のドキュメンタリーを思い出しました。確かに「感動」もののドキュメンタリーでしたし、本田美奈子さんの「生きよう」とする姿も伝わってき...... [続きを読む]

受信: 2006.12.25 22:22

» 本田美奈子「彼女の生きた証を忘れない…」 [YouTube(ようつべ)動画スポーツ・芸能ニュース]
38歳にして逝ってしまった本田美奈子さん。白血病との闘い挑んだ本田美奈子さん。本田美奈子さんの生きた証を私たちは忘れない。★本田美奈子 公式サイト★本田美奈子 関連グッズ★日本骨髄バンク★YouTube(ようつべ)動画スポーツ...... [続きを読む]

受信: 2007.01.12 06:01

« 図書館と喫茶店は兄弟だった。 | トップページ | 時間泥棒の謎。 »