« 図書館な雑談 | トップページ | 最近の小言・小ネタ(その2) »

2007.01.27

最近の小言・小ネタ(その1)

 勤務先で、電子ジャーナルの契約の関係で頭を痛めることが多くなってきています。利用の少ないタイトルは購読をカットしろだの(購読規模が維持できないと利用料が値上げされるジャーナルパッケージもあるのに)、複数の図書館で契約しているプリント版は1館にカットしろだの(プリントとオンラインが1セットになっているジャーナルはどうする?)、各図書館がこれまでそれぞれに努力してきているのに、追い打ちをかけるような経営方針が投げかけられてきます。
 他を見渡すと、例えば国立大学では共同での交渉による電子ジャーナルの値引きも実現できており、シリアルズ・クライシス問題もほぼ落ち着いたということで、いかに学術情報をグローバルに共有するかという次のステップに進んでいるようですが、こっちは未だにそんなことをやっています。情けない限りです。
 結局のところ、出来ることはやるけれど、出来ないことは出来ない、と言い続けて、経営者側にもどうして出来ないのかをちゃんと説明していくしかないとは思うのですが。でも筆者、言い訳下手なんですよね。そういうことを言っている場合じゃないとは分かっているのだけど。

|

« 図書館な雑談 | トップページ | 最近の小言・小ネタ(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/13682128

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の小言・小ネタ(その1):

« 図書館な雑談 | トップページ | 最近の小言・小ネタ(その2) »