« 皆が等しくお茶を淹れて飲める日が来ることを願って | トップページ | ある図書館のナノピコ戦争 »

2007.04.03

国立国会図書館ウェブサイトリニューアル

 この4月をもって国立国会図書館のウェブサイトがリニューアルされたことを、CA-Rの記事経由で知りました。リニューアルはむしろ遅すぎたぐらいで、かといって遅きに失することはなく普通に使いやすくなったんではないかと思います。試みにテキストブラウザ(Lynx for Win32)でトップページを読み込んでみると、ちゃんと視覚障害者への図書館サービスのページへの誘導リンクがありました。親切。
 リニューアルの影で『日本全国書誌』の冊子体終刊の告知があって、実はこのニュースも(図書館屋にとっては)さりげなく重要だったりするわけですが(『日本全国書誌』冊子体の終刊及び贈呈の終了について)。実際、とある図書館にいた時、『日本全国書誌』って保存しておきたくても取っておく場所がなくて仕方なく廃棄する対象だったんで、もう捨てる後ろめたさを感じなくて済むようになるのはありがたいのですが、さて、完全に冊子体が無くなるとなると、内部的には冊子体で残しておいたりはしないんだろうか、とか余計な心配をしてしまう旧世代な自分。まあ、電子化オンリーにするとしても、あそこの場合きっと長期的な保存方法については内部的に保障済みなんだろうとは推測してますけれど。

|

« 皆が等しくお茶を淹れて飲める日が来ることを願って | トップページ | ある図書館のナノピコ戦争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/14502518

この記事へのトラックバック一覧です: 国立国会図書館ウェブサイトリニューアル:

« 皆が等しくお茶を淹れて飲める日が来ることを願って | トップページ | ある図書館のナノピコ戦争 »