« 2007年6月末のちょっとしたつぶやき | トップページ | 今更、「Googleブック検索」の話 »

2007.07.04

何故爪なのか?

 最近のニュースでどうもわからないのがこの一連のニュース。

 つめはがし:医療用つめ切り使う 北九州・元看護師-事件:MSN毎日インタラクティブ

 足の爪を剥がしたら、とても分かりやすい犯罪の痕跡が残るのに何故あえて爪なの?というのが、今回の爪剥がし事件を聞いた時の感想です。患者に苦痛を味わわせてうっぷん晴らしするだけなら、例えば爪と指の間に針を刺しまくるとか、仮にもナースならもっと傷跡が外から判別しづらいやり方があるんじゃないの?と思わずにはいられません。

 それとも、自力で動くことの困難な老人の足の爪を剥がすというのは、例えば介護者が爪を切る手間を省くためなどの理由で、ある程度認知された医療行為だったりするのでしょうか?で、包帯を巻くなり靴下をはかせるなりしておけば分からないとか?でも家族が面会に来たら一発でばれるでしょうに。
 事件の裏にどんな背景があるか知りたいようにも、知りたくないようなどっちの気もしますが、例えナースの側に同情できる事情があったとしても、弱い立場の患者に無用な苦痛を伴うようなことをするのはいかんなあ、と思います。

|

« 2007年6月末のちょっとしたつぶやき | トップページ | 今更、「Googleブック検索」の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/15645290

この記事へのトラックバック一覧です: 何故爪なのか?:

« 2007年6月末のちょっとしたつぶやき | トップページ | 今更、「Googleブック検索」の話 »