« マイクロフィルムが脚光を浴びた日 | トップページ | 大阪の図書館等廃止問題を分からないなりに考えてみる »

2008.08.31

8月後半活動報告(またはささやかな国際交流)

 そういえば8/13以降こちらのブログを更新してませんでした。
 別に夏休みを取ってたとかそういうわけではありません。平日がめちゃめちゃ忙しかったのと、8/16-17(貴重な土日)に舞台を観るために名古屋遠征していたのと、その辺りが主な原因です。

 8/23-26までは、とある図書館関係の国際会議のスタッフとして本厚木という所にある某大学まで出かけていました。
 と申しましても、専ら裏方として動いていたので、セッションとかはあまり聴けていません。また、聴きたいと思っていたセッションの時間を勘違いしていて、折角時間を作ったのに聴き損ねるという悲劇もありました。
 結局聴けたのは、基調講演2つのうちの1つと、唯一の日本語セッションだったJPLA/JMLAコンソーシアムとPULCの発表と、あと、職場関係の先輩が発表した1セッションぐらいだったでしょうか。その辺の発表の客層はほぼ日本人オンリーだったので、日本人発表者(特に知り合い)が質疑応答で外国人に質問された時、いかに英語で回答するか?というスリリングな場面を目の当たりにできなかったのが、返す返すも残念です。ちなみに英語セッションで、100%日本人で埋められた会場で発表していたとある先輩は、質疑応答では「日本語でOK」としてその場で日本語での質疑応答に切り替えられていました。

 正式な会議参加者ではなくスタッフ参加なので当たり前ですが、ほとんどの時間はラウンジコーナーでのペットボトル入りドリンク(料金無料)の給仕を志願して担当していました。ラウンジ担当を選んだ理由は、単語数珠繋ぎでしか英会話ができなくても何とかなりそうだったから(^_^;)。実際、1回だけ相手の言葉(どうも英単語ではなかったような気がします)が聴き取れなかったのを除いては、単語と身振り手振りの応酬で押し切ることができました。
 問題は、別の所で発生しました。ドリンクは緑茶(ノーマルタイプと濃いタイプ)、オレンジエード、ミネラルウォーターの4種類を用意していたのですが、需要と供給の目測を誤り、3日目にオレンジエードとミネラルウォーターが専ら売れてしまい、在庫がほとんどなくなるという事態が起きたのです。そしてだぶつく緑茶の在庫。

 外国人は、日本人と違って1日に何本も無糖の苦い(渋い)緑茶を飲むことはしないのだ、と身体で思い知りました(笑)。ついでに言えば、ミネラルウォーター文化は発達してますが、日本のように水と同じように冷たいお茶を持ち歩いてがぶ飲みする、という文化はないのだということも。
 仮に中国茶やほうじ茶のボトルが在庫に加わっていれば、また違う結果が出たのかも知れません。
 また、大学施設の悲しさで、飲用水が講義棟では供給できないという理由から、お湯ポットや給茶機を持ち込めず、コーヒーなどのホットドリンクをサービスできなかったというのも大きかったと思います。考えてみたら、各種の会議では、

 出席者が脳をたくさん使う→糖分補給を要する→砂糖入りコーヒーや紅茶で補給する

というのが常套手段なわけで、それができないとなると、オレンジエードでの糖分補給に走るというのは当然の流れでしょう。会議は水曜日までで、私は火曜日までの担当でしたが、最終日用としてはやや多めのジュース類とミネラルウォーターが発注されたということなので、恐らく最終日は皆さんの需要を満たすことができたものと思われます。
 ちなみに、もちろんお茶請け用のお菓子も用意されてはいましたが、経費を安く上げるためかナッツやお煎餅系が多く、甘味系の在庫がやや少なめとなっておりました。
 主催団体の赤貧ぶりはつとに耳にしているので、自分の担当する最後の日にポケットマネーで幾ばくかの甘味系を購って補給してきましたが、あれで糖分補給の助けになったかは分かりません。

 と言うわけで、昨日今日が久々の純粋な休日となりました。昨日は連れ合いや友人達に付き合ってキャラホビなるイベントに行ったりしてましたが(『付き合い』と言いつつ意外と楽しめてたりします)、今日は1日フリー。家事もたまってはいるんですが、身体が今ひとつ積極的に動いてくれません。だらだら。
 夏休みは……まだ取れていません。日程を繰り合わせた結果、9月下旬に取ることになりそうです。あと1ヶ月。その辺りに何も緊急事態が起こらないことを願うばかりです。

|

« マイクロフィルムが脚光を浴びた日 | トップページ | 大阪の図書館等廃止問題を分からないなりに考えてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/42335298

この記事へのトラックバック一覧です: 8月後半活動報告(またはささやかな国際交流):

« マイクロフィルムが脚光を浴びた日 | トップページ | 大阪の図書館等廃止問題を分からないなりに考えてみる »