« 屋形船で撃沈(乗客1名のみ) | トップページ | 「夢を25個」その後(2009.3.8現在) »

2009.02.20

卵と私とうずらのひな

 こちらでそろそろ図書館ネタを書きたいなー、と思いつつ、実は年明けから軽く体調を崩していたりするので、つい無難なネタに走ってしまいますが。
 本日は「@nifty:デイリーポータルZ:スーパーのうずら卵から、ひな鳥ピヨピヨ!」を読んでちょっとむむぅ、となっております。いえ、うずらのひなは実に可愛くて、これをぬくぬくさせて凍えさせないようにして、一所懸命育てるのは大変だけどさぞかしやり甲斐のある仕事だろうな、とは思うのですが、それはそれとして。

 むむぅの原因には、有精卵で中でひなが育っているかも知れない卵を、透かし見もせず割っちゃう(しかも1個は「当たり」だった)なんて!と言うしょんぼりもありますが、どちらかと言えば、
「『当たる』恐れがあるのなら、もううずらの卵なんて買わない」
という気持ちが強く働いております。

 元々鶏卵に比べてうずら卵はそんなに買う方ではありませんが、何せ自分、鶏卵にも思春期の一時期、生卵の白身のどろりとした粘液の感触に、「なり損ないの生命」だの、産んだ雌鳥の「女性」だのを感じ取ってしまい、生卵や温泉卵の白身が嫌いだった時期がある位です。ましてや中に雄鳥由来の成分が入っていて、しかも中に「生き物がいる」可能性が0ではない有精卵などもってのほかでした。
 ちょうどその頃、向田邦子さんの昭和初期の子供時代を素材にしたエッセイで、朝食の時に「中にいる」卵が混じっていて、割ったら出てきた、という話を読んでしまったというのも大きかったかも知れません。恐らく、卵=生命の素と過剰に意識し過ぎた結果だったのでしょう。もっとも、白身と黄身を分けて黄身だけにすれば食べられたのは今考えると不思議なことですけれど。
 現在は流石に白身も美味しくいただきますし、温泉卵に舌鼓を打つようになっているものの、もし鶏卵の有精卵を供される機会があったとしても、多分自分の手で割る度胸はないと思います。まあ、いくら何でも中に「いる」場合、無精卵とは持った時の感触が違うでしょうから分かるとは思いますが。
 とにかくもう、うずらの生卵は自分では買わないでしょう、ええ。……ボイル・殻剥き済みの缶詰やレトルトならきっと買うけれど。中華丼に入っているうずらの卵、ぷりっ、ほくっとして美味しいですよね。

|

« 屋形船で撃沈(乗客1名のみ) | トップページ | 「夢を25個」その後(2009.3.8現在) »

コメント

なかなか衝撃的な内容でしたが、うずら可愛いですね。(論点が違……)

ワタクシ、旭川に住んでたころ、近くに配達してくれる取次店があったんで、有精卵を食べてました。週に1回6個パックで240円。
最初は単なる好奇心で、食べてみて「なんだ無精卵とたいして変わらんじゃん。」と思ったんですが、常食するうち、たまに無精卵を食べると味が薄いというか……無精卵は卵じゃない、って気分になりました。
(ちなみに、たしかに稀には無精卵と比べてこころなしか胚が大きい卵に当たることがありましたが、直系1ミリよりは小さかったです。ワタクシは平気でしたが、MIZUKIさんはやめておいたほうが無難かもしれません……。)
現在住んでる田舎にはそんな取次店はなく、ふつうに無精卵たべて平気です。でも有精卵が手に入るのなら購入します、絶対。

件の取次店には、他にノンホモ牛乳、無添加ベーコン、天然酵母パンなども配達してもらってました。エンゲル係数の高い生活でしたが、翌年の定期健康診断で総コレステロール値が低すぎて精密検査になったうえ、結果的に「代謝が良すぎて低い値がでたようですが、たいへん健康です。今の食生活を続けてください。」と言われました。
でも現住所ではその食生活できません……
今度から鶏卵でなくて鶉卵を購入しようかなと、この記事を見て思ったのでした。

投稿: 幾狭 匠 | 2009.03.01 21:44

有精卵、何しろケージに閉じ込められることなくのびのび育った鶏さんが産んだ卵ですから、滋養があるとは思うのですが、うぅ、やっぱりその胚云々の話を聞くと抵抗があります。
でも有精卵マヨネーズは多分平気。要は原形が留められていなければ良いという、実に現金な奴です。

しかし前任地でのノンホモ牛乳、無添加ベーコン、天然酵母パン……なんて美味しそうな生活なんでしょう。
私の日常の運動量でその食生活を送るのは、恐らく危険です(^_^;)。

投稿: MIZUKI | 2009.03.02 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/44116871

この記事へのトラックバック一覧です: 卵と私とうずらのひな:

« 屋形船で撃沈(乗客1名のみ) | トップページ | 「夢を25個」その後(2009.3.8現在) »