« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009.04.30

ねこてん11・にゃーにゃー村の展覧会

 日曜日、昨年に引き続き、今年も「にゃーにゃー村」の新作を展示する「ねこてん11・にゃーにゃー村の展覧会」を見るため「コーヒーショップコマクサ」まで出かけてきました(昨年の記事はこちら)。
20090426posters




 昨年同様、お店に顔を出されていた村長さん(作者さん)ともお話しすることができて、新作イラストやお人形達の制作エピソードをじっくり伺うことができました。
 お人形の小物は廃物や100円ショップで販売している小物類を上手に活用して作られているということです。例えばショートケーキのスポンジは化粧パフ、お皿は洋服のボタン、と言った具合に。小物の1点1点、そして1体ずつポーズの異なる、綺麗な縮緬をまとった猫達。
 というわけで、今回はお人形3体を連れて帰ることに。村長さんが、良い人にもらわれて良かったねー、とお人形達に声がけしながら大事に大事にお花紙に包んでくださいました。
20090426cat01s







 上がその子達&昨年の子達の写真です。今年の新作という、普通の猫のちんまりした座りポーズ(所謂『香箱座り』です)をした子も混じって、何とも愛らしい猫達が次第に玄関先に増殖しつつあります。そして恐らく、今後も少しずつ増殖すると推測。……頑張って稼ごう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.19

越えられない壁

 土曜日出勤した後、どうも疲れが取れずにおとなしく家にいます。最近、遠出する予定のないお休みの日って、こんな怠惰な生活ばっかりだなあ。

 さて、以下、私が最近感じた「越えられない壁」の一例です。

  • 振ってきた理不尽な仕事に対して、激怒しながらもしっかり立ち向かって走り回って仕分けして仕事も振り分け、克服する先輩方
  • 就活時、ご自身を面接で落とした面接官の顔と名前をしっかり覚えていて、十数年後にしっかりリベンジした某さん
  • 買い物中に妻がふと思いつきで唐突に「ねーねー、ラグランジュ・ポイントって何?」と尋ねたのに、瞬時に答えを返すうちの連れ合い

 不惑を目前にして、未だに自分の「他人と勝負して確実に勝てるポイント」が分からないのは、いい加減ヤバいと思っています。
 何しろ理不尽なことに遭遇すると思考が停止するし、会った人の顔は絶対に一度で覚えられないし、誰かに被害を被ったことによる精神的ダメージは割と忘れやすいし、緊急時とっさに頭の切り替えも利かないし。
 いつまでも、怠惰で適当で、好奇心にのみ忠実(いやなことはやらない)なまま人生をやり過ごすというわけにはいかないってことでしょうか。
 誰かに、自分のコンプレックスを美点として転用し、有用に生かしていく画期的方法を教えてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.01

4月バカ?「本の図書館」閉館!

 聞くところによると、丸善「本の図書館」が平成20年度限りで閉館になったらしいです。最初エイプリルフールかと思いましたが、情報が流れてきたのが3月31日だったので、これは嘘じゃないな、と納得。
 「本の図書館」に入ったことこそなかったものの、図書と出版の専門図書館ということでずっと昔から存在は存じていました。
 丸善の経営状態の悪さ、昨今の経済不況等、閉館に至った理由は色々あると推測されますが、第一報を聞いて、DNPとTRCとジュンク堂がついてて一体何やってるんだ!?と思ったのは事実です。言わば活字と本のお膝元で、まず営利のために図書館を切り捨てるか?という疑問と、お膝元でそこまでしなければならないほど経営がひどいのか?という疑問とが激しくせめぎ合っています。
 取りあえず、閉館と聞いてまず頭に思い浮かんだのは、
「あそこで持ってる百万塔陀羅尼、どうするんだろう?」
という点でした。そこそこお宝だからそのまま丸善の手元に所蔵しておくのか、売却して僅かな利益を自社再建の足しにするのか?
 個人的には、もし丸善で邪魔になるのであれば、売り払うよりは例えば慶應などどこか縁のある図書館にでも寄贈してくれた方が、と思います。陀羅尼は比較的あちこちで持っているから要らない、という話にならないことを願いつつ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »