« ヨコスカネイビーバーガー | トップページ | 惑いまくり »

2009.05.28

言葉が見つからない

 昨夜、作家の栗本薫さんが亡くなられたそうです(栗本薫さんが死去 - ITmedia News)。

 彼女の小説は伊集院大介シリーズとぼくらシリーズを何冊か読んだぐらいで、高校生・大学生の頃、周囲の友人達がはまってわいわい騒いでいた頃にもグイン・サーガも魔界水滸伝も全く読んでいませんでした。中島梓名義の著作も、『にんげん動物園』『美少年学入門』『マンガ青春記』ぐらいしか読めておりません。

 ……の、筈なのに、何故か心の奥底にずしんとショックがのしかかっています。明らかに自分よりはるかに高みの、しかし割合近い場所に立っていた筈なのに、突然この世から姿を消してしまったというのが信じられないのだと思います、多分。
 ガンで闘病中とは存じていましたし、心のどこかで多少の覚悟はしつつも、いつかグイン完結のニュースをこの目で見られるものと信じておりました。

 追悼するための深い言葉がどうにも上手く見つかりませんが、ただただご冥福をお祈りするばかりです。56歳没はお若すぎますよ、やっぱり。

|

« ヨコスカネイビーバーガー | トップページ | 惑いまくり »

コメント

全くです。

まだまだこれからなのに・・・

私は高校時代はまってたくちで^^;それ以降はすっかり遠ざかっていましたが・・


あああ、ガンで亡くなる人、続くなぁ・・

投稿: ゆーりん。 | 2009.05.28 13:06

ゆーりん。さん、反応が遅くなりました。

>私は高校時代はまってたくちで^^;
ええ、覚えてます(笑)。
私の場合、皆が皆、あまりにはまりまくっているので却って引いてしまったような所があります。
でも今振り返ってみて、
「栗本薫をあの頃に読まずして、いつ読むんだ」
とちょっと悔やんでいたりしますが。

ちなみに伊集院大介シリーズは、「絃の聖域」は未読です。ついでに「天狼星」シリーズもIIIまでで挫折してしまいました。

投稿: MIZUKI | 2009.05.29 23:22

おひさしぶりです。高校時代ハマってた幾狭です。

最近は栗本さんの著作をほとんど読んでいなかったんで、早過ぎる死は惜しみつつ、わりと冷静に訃報を読んでいましたが、このブログでハマっていた当時を思い出しました。
同人誌を印刷するのに、サッポロをママチャリで横断して5円コピー屋に通ったあのころ、楽しかったよなぁ……。
思い出させてくれてありがとうです。

グインを読みはじめたのは小学生のときでした。
ついていけなくなって購読をやめたときも、「いつか完結したら、最初から通読したいものだ。」と思っていましたが、それもかなわず。残念です。(ご本人が一番残念でしょうけど。)
ご冥福をお祈りいたします。

投稿: 幾狭 匠 | 2009.06.01 09:30

幾狭さん、こんにちは。

同人誌、作られてましたね。懐かしいなあ。
確か市の青少年センターのイベントで売ったりしていませんでしたっけ?あの本、まだ家のどこかにあると思うのですけど。
魔界水滸伝なんて自分でろくに読んでない癖に、皆の話を聞いたり同人誌を読んだりして、おどろおどろしい物語の雰囲気を感じ取っていたものです。

>ご本人が一番残念でしょうけど。
そう思います。完結する前だなんて、あまりにお迎えが早すぎ。

投稿: MIZUKI | 2009.06.01 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22112/45151163

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉が見つからない:

« ヨコスカネイビーバーガー | トップページ | 惑いまくり »