« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年9月

2009.09.27

第36回生物医学図書館員研究会(2009.9.12)

 9月12日に順天堂大で開催された「第36回生物医学図書館員研究会」という集まりに初めて行ってきました。
 参加者の何人かの方にはつくばで「医学情報サービス研究大会」が開催された時にお会いしたことがありましたが、実際にこの研究会に出るのは初めてでした。
 2週間も経ってしまってやや鮮度落ち気味、ついでに自分的に消化できていない所も多く後ろめたいのですが、とりあえずレポートを落としておきます。
 なお、同じ会のレポートは既に「次世代OPACのお話 - かめの歩みとライブラリアン再考」でも公表されています。あちらの方が内容が十分消化されていて遥かに分かりやすいと思うので、こちらは参考メモ程度ということでよろしくです。

テーマ:図書館はOPACを超えられるか?―新しい情報探索ツールがもたらすもの―

司会:矢沢さん(東邦大)
 この会は1年9ヶ月ぶりの開催とのこと。

参加者全員自己紹介
 本当に1人1人自己紹介することに驚き。図書館関係、出版関係、卸関係と有名・無名関係なく幅広く参集しているようです。

 全部ノートを載せると大変長いので、以下、色々割愛したつもりです。
 また、事例紹介ではサンメディアさんの"AQUABROWSER"やユサコさんの"Primo"のプレゼンもありましたが、図書館システムの門外漢がぐだぐだ書くより各ベンダーのサイトを見ていただいた方が分かりやすいと思うので、申し訳ありませんが割愛します。

(基調講演)
「次世代OPAC」について考える
 田辺浩介さん(Project Next-L)

 田辺さんとは何度もお会いしているのに、実際にこういう場での発表を聞く機会は何故かありませんでした。
 次世代OPACとは一体何であるか?という具体例を交えた初心者向け説明から、次世代OPACのあるべき姿、またシステムを運用する主体としての図書館・図書館員への、前向きな運用ポリシーの提案までを、親しみやすく平易な語り口で語ってくださいました。

 次世代OPACって何?については、
「ライブラリアン目線ではなく情報の探索システムとしてユーザー目線で作られたもの」(岡本さん(ARG)の定義)
に全て集約されるかと思います。
 そして、意外と波紋を呼んだらしい、以下のコメント。

  • 大学図書館の利用者たる学生はOPACの詳細画面など見ない。授業の指定図書の所蔵場所さえ分かれば良い、という調査結果もある(日本図書館情報学会での慶應大の発表)。

 この調査結果は、今までのOPACが結果として「ライブラリアン目線」で作られていたということを象徴するものであり、その後にコメントされた、

  • 「理想の未来」は何か?単一のDBにすべての書誌が収録されることである(横断検索にあらず)。世界モデルならOCLCのWorldCat Local。国内モデルならNACSIS Webcat。という考え方。

と合わせて過激に挑発的に論じようとすればいくらでもそうできてしまうと思うのですが、田辺さんはそういう展開には持っていかず、では、個々の図書館および図書館員はどうすべきか?を、次世代OPAC=Webで公開されている投稿レシピ集(クックパッド等)に例えて、次のように提案されていました。

  • 利用者がOPACに期待するのは「特定の用途に向くように加工されたデータ」つまり「調理済みの食材」。それを提供するのがこれからの図書館の役割である。
  • 今のWebは「中食産業」が真っ盛り。次世代OPACも中食である。料理を出す相手(学生 or 教員 or 図書館員?)の顔や用途(教育用途 or 事務作業用途?)を思い浮かべて作ろう。図書館員だって美味しいものが食べたいのである。
  • ではそれをたくさんの人に食べてもらうには?→大きなお店で公開し、Google検索結果からたどれるようにする。
  • 公開により料理の評価を通したコミュニケーションが生まれる可能性が出てくる。そうしたコミュニケーションを行うことすなわち図書館・図書館員の存在感を示すことである。

 個人的に感じ入ったのは、「図書館員だって美味しいものが食べたいのだ」という一言です。うんうん、最も大事なのは利用者だけど、図書館員が作っていて楽しいと思うシステムじゃなきゃ運用意欲も利用意欲(どっちも食欲?)が湧かないよね、と納得。自分はAPIを作れる知識も技術もないけれど、「書誌データと基本システムを切り離せる」次世代OPACを美味しくサーブするためのAPIにこだわる図書館員の存在がすとんと腑に落ちた一言でした。

※参考リンク:えんじゅ図書館
  [人気のあるタグ]の[生図研9月12日講演資料]から関連資料をたどれます。

(事例紹介)
Wikipediaと図書館情報資源のマッシュアップ

 清田陽司さん(東大情報基盤センター学術情報研究部門助教)

 東大とリッテル社が共同開発した、図書館情報資源(OPAC上の分類体系(BSH, NDC))とWeb情報資源(Wikipedia)を連携させてパスファインダーを自動生成する「リッテルナビゲータ」の概要説明。

 こちらは残念ながら、次世代OPAC以上に自分的に消化できていない面が多いのですが(清田先生ごめんなさい)、Wikipediaに付与されたカテゴリと図書館資源を結びつけるという発想は大変面白いと思いました。

 Wikipediaの特色として「カバレッジ」「組織化」「信頼性」を挙げ、Wikipediaを橋渡しとして(図書館情報資源という)信頼性へ導けないか?という考え方は、私的に目からウロコでした。Wikipediaの信頼性の揺らぎをウィークポイントとして考えてはいても、他のシステムとの連携でそれをカバーする、という発想はなかったので。Wikipediaのリダイレクト機能の「表記ゆれ辞書」「シソーラス」という見方も面白かったです。

 図書館屋の立場から贅沢を言えば、Japan Knowledge、ブリタニカ(有償)とか、Yahoo!百科事典(無償)のように公刊されて初めから信頼性が高い(とされる)コンテンツと連携していれば、このシステムをもっと安心感を持って使えたのに、とつい思ってしまいます。いや、私が勉強不足なだけで、そういうシステムはきっと既にあるのだろう、とは思いますが。
 ただ、1利用者としては、そうじゃなくて集合知の塊のようなWikipediaと連携するから良いのであり意義があるのだ、と理解していますし、そういう意味でこういう実験的なシステムは歓迎します。現実として、研究成果とは言え一企業の商品であり、息の長い商売につなげていくには改良の持続が課題になるのかな、と考えています。

 残りの事例紹介である、

AQUABROWSER -利用者が図書館資源のすべてを有効に活用するために-
 
松下茂さん((株)サンメディア)

Primoのご紹介
 平野覚さん(ユサコ(株)システム販売事業部)

と、最後の質疑応答タイムについては割愛しますが、自分の古い時代の図書館システムに凝り固まった頭には大変良い刺激になりました。

 近隣の居酒屋で開催された夜の懇親会にも1次会のみ参加しましたが、実に楽しかったです。特に某医薬科系大学&某ベンダーのお姉さま方、ありがとうございました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.19

司書のIT化の話

 丸山さんのブログで取り上げられていた日本の司書のIT低順応性問題の話(先輩方がIT化の流れについていかなかったこと)について思ったところをごく簡単に、例により考えの浅い人間なのでぼろが出ない程度に一言だけ書いておきます。

 IT化=人間軽視とされていた時代はかつて確実に存在しましたし、そんな時代が20年ほど前の私にもありました、と思い返しました。公共図書館においてはIT化よりも利用者との対話だとか、実地のOJTで学ぶ実務経験の積み重ねが大事だという思い込み。
 今にして思えばそれはコンピュータ嫌いだった自分への言い訳だったような気もしますが。今でもそっちの才の無さにため息尽きっぱなしですが、それはさておき、少なくとも20年前にも図書館情報学の教育課程にコンピュータ関係の演習科目は存在していました。司書講習は知りませんが大学の司書課程の科目にもあった筈です。
 しかしどういう訳か、図書館でのIT技術において要は使う心構え次第であるという意識が進んだのは意外と最近かと思われます。どこで図書館界、特に公共図書館界は間違えたのか?と考えて、前記のような人的要素重視のあまりそうした意識改革が遅れたんじゃないか?という考えに至ったわけです。「多分」であり、それが本当に正しいかは分かりませんけれど。

 まあ、今は少なくともIT対応なしでは生きていけない図書館が多数なわけですし、少なくとも20ン年前からITもそうじゃないものもきちんと勉強していた人はしてたのですから、そういう人が反省を込めてこれから考えていけばいいんじゃないですかね、と無責任なことを考えています。所詮この分野では外野ですので、放言すみません。

 あ、上のブログで言及されていた、「図書館の非正規職員が何か言っている」「図書館の非正規職員が何か言っている2」はともに読んでます。確かに図書館だけが人生ではなく、能力の発揮は他でも可、というのはそりゃそうだと思いますが、少なくとも現時点で図書館の正規職員ではない人(あ、これは自分も『図書館の』という意味では同じです)が、上から目線で非正規職員をdisるなよ、ついでに既得権益を守ろうとしている正規職員を鼻で笑うような真似はいくら匿名でもするなよ、と、ちょっと悲しかったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.09.06

学校司書と学校図書館について考える

 半月ほど前、公立中学校の非正規職員の学校司書として勤められている方の実録同人誌を某所で入手してまいりました。そのサークルさんの本は初めて入手しましたが、学校図書館で働くことの楽しさも息が詰まるような苦しさも、どちらも赤裸々に綴られている重い内容でした。

 学校図書館ってワンパーソンライブラリの宿命とはいえ、担当教員との相性がかなり仕事の要になってるっぽいのはちと辛そうだとか、管理職(校長や教頭)は逃げちゃあかんよ、とか、また、仕事へのプライドは主張しすぎると日本では遠吠えに聞こえてしまいがちだよね、とか、いくつか考えさせられる点はありました。
 しかし、一番身につまされたのは、その学校司書が選書権はしっかり与えられていながら、経費支出の権限などがない故に、例えば折角選書した図書の発注が先述のような担当教員関係のトラブルで中断する等、ある局面で歯噛みするしかないというエピソードでした。
 もう一つ問題の根深さを感じたのは、実はこれが今回一番言いたいことなのですが、学校司書が、業務運営に不満を感じていてそれを上に訴えようとしても、非正規の立場であるが故にそれを行うための技術、特に文書作成技術が鍛えられていないということです。
 今回読んだ本の中に、作者の方が学校図書館間の連絡会議に提出されたという意見書が掲載されていたのですが、切々とした言葉から「今の状況では不満で苦しい」ということは分かっても、んではどうして欲しいの?ということが理路整然と伝わってこないのです。

 自治体が「役所」により運営されている以上、その中で何事かを成すための文書は「役人が、役人として、役人のために書いた文書」でなければならないと常々考えています。つまり、伝えたいことがどんなに複雑であっても簡潔な説明にまとめられていて、その説明を裏付けるためのデータが数値や図表で明解に示されている文書。

 しかし役所の文書も、一般から見ると分かりづらい書き方をしてるじゃないか、と言われればそれまでですが、あれはあれで役所の中の人には理屈として成立する書き方になっています。批判はあるでしょうけれど、残念ながら所謂お役所な書き方をしないと、書類に目を通してすらもらえません。
 図書館業務のスキルアップは、図書館員が意欲と持続力さえ有していれば正規・非正規の別を問わず行うことができ、実際に、非正規職員で正規職員を遥かに超える高い図書館業務の技術を身につけている方も多くいらっしゃるのではないかと思います。しかし、文書作成技術だけはそうは行かないのではないでしょうか。
 学校司書さん、もしかしたら日本のどこかでは正規職員のケースもあるかも知れませんが、非正規雇用の方がほとんどという印象があります。経費支出権限や業務の決裁権がない以上、初めからそういう能力は求められていないし、発揮する機会もない。だからいつまで経っても役所向けの文書能力は鍛えられない。そういう側面はありそうです。

 とは言え、本来そうした業務改善の汲み上げと訴えを行うべきは、図書室の運営責任職員である管理職、あるいは担当の教諭なのだと思います。というわけで、これからもずっと非正規職員の学校司書を便利に使い続けるつもりなら、そうした人達――これからは「司書教諭」資格を有した先生方も多くなるでしょうか?――が、児童・生徒の教育技術だけではなく、もっと学校司書と連携し、かつ学校の経営母体=自治体の施策とも連携するために、一自治体職員として、自治体の一業務として学校図書館業務を動かしていく技術を身につけていく必要があるのではないだろうか、と考えました。

 実際に司書教諭課程を受けたことはないので間違っていたら申し訳ないのですが、恐らくは図書館を活用した教育を効果的に行うことが、司書教諭に最も求められている役割ではないかと考えています。しかし、それだけではなく、学校図書館を効果的に運営するための考え方や動き方についても是非学び、実践してもらいたい、と思うのです。

 と、偉そうなことを書きましたが、現実問題、先生方は本当に忙しいのだとは思います。なかなか理想通りにいかないとは分かっているつもりです。
 それから、文書作成技術について申しますと、自分もあまり人のことは言えません。未だに文書を作ると上司その他に真っ赤っかに添削されて戻されたり、そのまま突っ返されたりしています。
 この件、もうちょっと早く、できれば8月中にブログに上げたかったのですが、どう書いても問題が問題だけに重くなり、また、自分の悪い癖で長文になってしまうのを何とか短くしようとしているうちに、今日になってしまいました。しかも相変わらず文章なげーよ>自分。結局8月は1回しかブログ更新しなかったなあ。

 なお、これは蛇足かも知れませんが、非正規雇用=悪 とも、非正規の立場で働いている方=悪 とも、どちらとも考えてはおりませんことを申し添えます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »